アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

キム・ナンド 『つらいから青春だ』(その1)

自分の情熱ではなく、人がいいという理由で選んだ職業や、安定した高収入が保証されそうだからと選んだ職業はむなしい、ということを指摘したいのだ。(p.34)


ここを読んだとき、「いやしくも人間としての自覚のあるものにとって、情熱なしになしうるすべては、無価値だからである」(尾高訳p23)という『職業としての学問』におけるウェーバーの言葉を想起した。

ただ、情熱が重要だとしても、「自分のやりたいこと」をすべきだ、とか、「自分のやりたいこと」を探す、という発想での職探しは基本的に誤ったものであると私は考えている。(本書もその点では同じようなことを述べている箇所があり、共感するところの一つである。)自分が職業選択をしていた時期にはそこまで思い至らなかったことなので、その点について本書についてのコメントで書ければと思う。



 大学に進学して最初に感じる困難は「目標が広がってしまうこと」だ。十二年間の小中高校教育をそっくり背負って「大学進学」という大目標が達成されたあと、「なにをすればいいのか」ばくぜんとしてしまうことによって感じる苦しさだ。(p.53)


今になってふり返ると非常によくわかる。私の場合は、大学に進学した時点では目の前に目標があったので、普通の学生としての学生生活は切り捨てて目の前の目標ばかりを見ていた。だから、進学直後にはこの苦しみは感じていなかった。しかし、その目標を失った後に、この痛みがやってきた。こうやって今、読書メモのブログを書いているのも、そうした苦しい日々を越える過程でいくつかの本や思想家、さらには共に考える仲間たちと出会ったことなどが遠い原因となっている。



失敗から学び、そこから一歩ずつ自分を成長させること。それが偶然への正しい頼りかただ。(p.55)


大学に進学して、上記のように目標が広がってしまうことによる苦しみの中に置かれたら、偶然に頼って自身を成長させるといい、というアドバイス。そして、失敗をして、そこから学べという。非常に理に適ったアドバイスだと思う。

自分が生きる社会がオートポイエティックなシステムであるかそれに近い動き方をするものである場合、偶然によって生成する事態と遭遇せざるを得ない。それに対しては事前に定まった対処法はない。当然、ここでは事前に定まった対処法がある場合よりも失敗する可能性は高い。こうした事態自体を自身の成長の糧とする発想に立てば、偶然の事態の捉え方も変わるし、そこから実際に成長することによって自分とその周りの社会にも(基本的により善い方向へと)変化が生じていくことになる。



 だが、資格試験や考試の受験を選んだのは、逆説的にも、安易で手を抜いた決断ともいえる。なぜか?自分では決意に満ちて試験準備を選択したと思うかもしれないが、じつのところは、自分の可能性について深く考えることを投げだした瞬間、自分の状況にみあった試験準備を安易にはじめたのではないのか。
 きみはこれまでの生涯、「試験勉強」だけやってきた。勉強はもううんざりだというが、内心は勉強(じつは試験をうけること)がいちばん楽になってしまっている。人との関係をつくっていくことも、ねばりづよく就職の扉をたたくことも、勉強とは次元のちがう「仕事のやりかた」に慣れることも、ものすごく難しい。「勉強がいちばん楽だった」のだ。しかも、若さのあらゆる問題を受験にすりかえてしまえば、その問題もしばらく猶予される。親や友だちに、そして自分に、ただ遊んでいるのではなく「なにかを一生懸命やっている」というメッセージもしめせる。
 だから、試験準備ははためにはすごくがんばっているようにみえても、人生の全体的なフレームからみれば、モラトリアムな怠惰のプロセスでもある。(p.60)


筆者が教えるソウル大学のような一流(有名)大学の学生に対するアドバイスとしては確かに的確と思う。例えば、日本でも、司法試験や公務員試験を受ける有名国立大学の学生のある程度の部分に対しては同じアドバイスが成り立つだろう。こういう場合でも、試験の結果がうまくいけばまだ良いが――実際、合格した後に出会う「偶然」によって、自信を成長させていけるようになる可能性はある――、試験に逃げているだけの状態で不合格が続くと精神的にもきつくなる。そういう人には、今受けようとしている試験は逃げ道ではないかと示唆してやることも必要な場合があるかも知れない。



 どんな職業でもいいから安定して高収入であればいい、という発想は、非常に消費中心的な考えかただ。……(中略)……。
 わたしたちの人生は仕事と余暇で成り立っている。仕事は職業と、余暇は消費と深い関係がある。そのため、ほんとうに幸せになるためには、良質の消費を楽しむのは半分にすぎず、楽しく働ける職業で残りの半分を満たさなければならない、ということに気づく必要がある。
 ……(中略)……。人生でもっとも本質的なよろこびを与えてくれるのは、消費ではなく仕事だ。好きな仕事をしているときの達成感は、よいものを買ったときのうれしさよりもずっと価値がある。(p.62-63)


安定した高収入の職業を希望する発想が消費中心的なものだという指摘は、今まで気づかなかった所だったので興味深かった。良質の消費をするための条件としての職業選択をしているということだと捉えられるから、これが消費中心的発想だということだろう。

確かに、著者が言うように、仕事の達成感と良いものを買ったうれしさでは違いがある。この対比(仕事と消費)は理念型的に用いることができそうに思う。つまり、例えば、中間的な領域を検出するときにも使えそうな気がする。

たとえば、仕事と消費の中間に、「家庭での生活」というものがあると思う。食事や余暇の主な場であるという意味では家庭は消費的な場であるが、例えば「子育て」は消費ではなく「仕事」のカテゴリーに入る。家庭において最も喜びを与えてくれるものは何か、何を家庭生活で価値があるものと見なせばよいか、ということを考えると、その中で「仕事」に相当するものだ、ということになるだろう。

また、余暇や消費でもいわゆる「体験型」と呼ばれるような消費がある。「旅行」や「●●作り体験」のようなものなど。単なるモノを買う消費よりも、こうした体験型の消費の方がより本質的な喜びを感じられるということも、この図式から導く(説明する)ことができる。

投資や流動性そのものへの選好の位置づけという問題はあるが、投資はその結果として単に金銭を増やそうという意味での投資なのか、何らかの活動の場や機会へと繋がることという意味での投資なのか、といった内容を分析することで、「仕事と消費」のどちらに近いかが決まるだろう。たとえば、「不動産ころがし」のような「投資」と、恵まれない子どもたちへの教育機会を与えるために教育施設などを創るといった意味での「投資」では同じ言葉を使っていても、意味合いは全く異なる。また、上述の「不動産ころがし」のタイプの投資ともつながるが、流動性そのものへの選好については、基本的に「金を買う」という消費の中に入ると考えてよい。だから、本質的な喜びは得られないし、モノを買うよりも喜びは小さい。だから、より多くの数字を求めざるを得なくなるのではないか、と思う。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/965-8a57286e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)