FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

杉田敦 『思考のフロンティア 権力』

しかしながら、最近の例を引くと、警察は、シートベルトの法制化を、着用率が低いという理由で長い間先送りしてきたという事実がある。・・・(中略)・・・。人々の抵抗が大きい時に制度化すれば、制度が無力であり、自分たちに権力がないことが露呈してしまう。逆に、相当多くの人々がシートベルトを着用するようになってから、すなわち新しい実践が実質的に確立した後に、それを法制化すれば、高い着用率が得られ、自分たちに権力があるという印象を与えることができるのである。(p.17)



法を制定する側と法の下で生活する一般の人々との間に成立する権力関係。本書とは違う枠組みで見れば、支配の正当性の問題として捉えられる。




主体を特定する可能性を一概に否定すると、無責任な言い逃れを奨励してしまう。・・・(中略)・・・。そこでわれわれは、何とかして責任者を特定しようとするわけである。
 しかし、そうした試みがつねに成功するとはかぎらない。・・・(中略)・・・。皮肉なことに、本当の権力者は、責任を回避するだけの権力を有する可能性があるからである。(p.19)



最後の太字にした部分の観点から見ると、まだ安倍晋三はそれなりの権力を保持していると見ることができる。閣僚の無責任な言い逃れがある程度まかり通っている。選挙を控えた時期の政治家は有権者(選挙民)に対して相対的に権力が低下するが、そうした時期でもこの状況というのは、やや問題である。

「無責任内閣」が存続し得なくなるためには、やはり世論の支持が失われることが必要である。そうすれば、政策で支持されたわけではなく、「選挙の顔」でしかない安倍に対して、自民党内でも支える人々は急減し、それによって内閣が倒れることになる。




次に、ある主体に責任を帰するというやり方は、一罰百戒的に、その後の人々の行動に道徳的な効果を及ぼすことになるかもしれないが(刑法学でいう一般予防)、その半面として、構造的な要因を隠蔽することにもなりかねない。(p.19)



基本的に私のスタンスは杉田と同じである。単に犯罪を犯した者の倫理観を問うたり、その者の罪を裁くだけでは、問題の解決にはほとんど寄与しない。社会問題を道徳的に解釈すると、それが実際には物理的・制度的・経済活動の仕組みのうちの特定の原因に起因する現象だとしても、そのことが解明されないままになってしまうことがある。

このことは、たとえば、私がメインブログで政治家を批判する際にも注意しなければならないと思ってはいる。たとえば、最近疑惑が相次いで浮上している事務所費の問題にしても、それをもたらす要因やこうして事件化することの結果の分析はしておかないといけない。たとえば、政治に金がかかりすぎることの問題のような根本的な原因などからしっかり考え直す必要がある。

ただ、それはそれとしても、最近のメインブログでは、意図的に、そうした分析をしないままに、若干アジテーション風の味付けをしていることがある。基本的にその方が読みやすいと思われるから。ただ、それもほどほどがよいとは感じることがある。そのあたりについては、ある意味、複数のブログを使い分けることで、自分の中でのバランスがとりやすくなるとも思っている。

このブログは一応、私の「読書記録的なブログ」なのだが、単にそれだけでなく、ひとつには、私のメインブログの背景で動いている私の思考を多少なりとも書き留めるのにも使おうとも思っているし、そう思ってきた。

もちろん、このブログは、単なる読書の記録として、面白いと思ったり批判が必要だと思った記述を断片的に取り上げて、単にコメントをつけるのが基本であり、その意味では、私以外の人が通読するようには書かれていない。

しかし、ブログに書いておくと、しばしばTBがきたり、無断でリンクが貼られたりなど、自分の中だけにとどめておくより、良いことがしばしばあるということを、別のブログを書いていて経験しているので、このような形で公開している次第である。
スポンサーサイト




テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/96-93abfd1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)