アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

村井吉敬 『エビと日本人』

 エビ生産統計が登場する1894(明治27)年から、太平洋戦争に至る約半世紀、日本のエビ生産量は大して増えていない。一万数千トンだったのが、せいぜい二万トン位に増えただけである。大正時代には船の動力化が始まり、また冷蔵技術も次第に普及したので、エビ市場は地場だけでなく広域化していったのである。植民地朝鮮で獲られた大正エビが氷蔵され、下関経由で東京まで運ばれるようになったのも大正時代のことである。……(中略)……。
 このように、エビ市場の広域化は、戦前にもそれなりに進んでいた。しかし、生産量からみる限り、エビはそれほど食べられていたわけではない。一人当たり平均では300グラムにも満たない。今日の日本人の七分の一以下の消費でしかない。1950年以降、ようやく国内エビ生産の伸びが大きくなっていく。漁業の「近代化」、冷蔵・輸送技術の革新が急速に進んだ時期である。そして1961年、エビ輸入が自由化される。エビ消費量が年を追って急速に増えてゆく
 こう見てくると、日本人がエビを本格的に食卓にとりいれ始めたのは、せいぜい20年前のことである。それ以前は、地場商品であり、きわめて限られた機会に食べるぜいたく品だった。(p.168-169)


1988年に出た本なので、エビが本格的に食卓に取り入れられたのは20年前と書かれているが、このブログを書いている現在から見ると約50年前ということになる。

それはさておき、大正時代に船の動力化が始まり、冷蔵技術も普及したというあたりは、やはり北洋漁業の『蟹工船』を想起させされる。あの小説の舞台は昭和初期のことであった。漁業ではなく農業の分野でも、台湾のバナナやパイナップル缶の輸出・移出も大正時代に急増していたこと、さらに、ここにも品種改良や缶の製造などの技術革新が関与していたことが想起される。



 しかし、冷凍食の普及はかなり意図的、綿密に業者と政府とが一体になって推進したと思われる。アメリカのスーパーマーケットと冷凍食普及というモデルがあったのだろう。
 コールドチェーンは、生産地で冷凍加工した食品を、そのまま最終消費者まで運び、消費させるシステムである。……(中略)……。
 官庁が音頭をとって国民の食の「近代化」を推進するというのもおかしな話だが、おそらく、背後には、商社、水産会社、食品会社、大手スーパー、さらには冷凍冷蔵庫を売りたい電機メーカーがいたのだろう。コールドチェーン化は、塩からいものを食べない方がいいといった親切心よりも、産業界からの要請に政府が乗ったとみた方が実態に近いのではなかろうか。(p.179-181)


冷凍食という今ではあまりに一般化してしまったものも、数十年前には産業界と政府が推進した結果という面があったということに驚いた。


スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/951-1aad6b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)