アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

中川信子 監修、NHK出版 編 『NHKすくすく子育て 育児ビギナーズブック⑤ ことばの育み方』

生活リズムは1日で整うものではありませんが、乱れているなと思ったら、少しずつでいいので調整していきましょう。宵っぱりの子を早く寝かせるのは、非常に難易度が高いワザですから、まずは朝、1時間早く起こすことから始めてみてはどうでしょう。(p.12)


赤ちゃん以外にも使えそうな方法と思われる。



 赤ちゃんは、テレビやDVDを見るとき、食い入るように一心に画面に見入っていますが、プログラムの内容に感心して集中しているわけではありません。赤ちゃんの頭ではとうてい処理できないような大量の刺激を前にして、一種のフリーズ状態にあるのです。音だけでなく、画面のチラチラする光も赤ちゃんの脳を過剰に刺激し、疲れさせてしまいます。こうした過剰な刺激を長時間与えないためにも、テレビやDVDを30分見せたら30分以上休むようにしたいですね。
 見せる時間帯にも気をつけたいところです。眠る直前にテレビやDVDを見せると、フリーズ状態がしばらく続き、寝つくまで時間がかかるので注意しましょう。(p.18)


フリーズ状態というのは適切な比喩で、なるほどと思わされた。テレビなどを見せない方が良いということの理由も(これですべてが尽くされるわけではないにせよ)感覚的に分かる譬えだと思う。

寝る前に過剰な刺激を与えないというのは、テレビだけでなく、遊びなどでも同じことであると考える。夜は入浴後はまったりと遊ばせて、自然に眠りやすい方向へ誘導するのが良いのではないか。



「○○ちゃん、おっぱい飲もうねー」、「さあ、お風呂入ろうか」
「はい、おしまい」、「いっぱい飲んだねえ」、「きれいになったねえ」
 動作の始めと終わりにきちんと区切りをつけると、赤ちゃんが、「おっぱいを飲むということ」、「お風呂に入るということ」とはこういうことなんだと、行為の意味を徐々に理解していくための助けになります。
 これは、赤ちゃんにとって自立の力を身につけるうえでも大事なことです。(p.38)


養育者側の人間がだらしないと、その生活のだらしなさがそのまま赤ちゃんの生活のだらしなさにつながるわけだが、この方法で語りかける習慣をつけさせることで、養育者側の生活態度と赤ちゃんの発達の両方に資することができるかもしれない。



 第4章でもくわしくご紹介しますが、まねっこはコミュニケーションを深める楽しい遊びでもあります。ポイントは、赤ちゃんに大人のまねをさせるのではなく、大人が徹底して赤ちゃんのまねをすること。このテクニックを覚えておくと、ちょっとした時間が楽しい遊びの時間に変わります。ことばだけでなく、しぐさなども同様です。
 赤ちゃんのことばやしぐさをその場でまねできるということは、つまり、それだけ大人が赤ちゃんのことをしっかり見ている証拠です。赤ちゃんが「ぼく(わたし)のことを見てくれている。うれしい!」と感じることで、親子の信頼関係もしっかり築くことができます。(p.40)


真似をするということは、赤ちゃんをよく観察して把握し、その上で関心を持っているということを赤ちゃんに対して発信することでもあるわけだ。なるほど。関心を持ってもらっていることが実感されるから、自己肯定感にもつながるのだろう。



スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/908-a95f9f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)