アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

イブン・ハルドゥーン 『歴史序説 1』

 国家とか政府とかは、諸々の学問や技術という商品が運び込まれる世界の市場である。そこには誤った知識も姿を現わし、いろいろな物語や歴史的情報が持ち込まれる。この市場で売れるものであれば、どこでも売れるのが普通である。もしその国家が、専横や偏見、気弱さや卑劣さを避け、正しい道を辿り、決して横道に逸れないならば、その市場の商品はまさに純銀・純金のようなものである。しかし、利己心や遺恨に影響され、邪悪で不正直な売り手によって左右されると、その市場の商品はにせ金やまがいものとなる。明敏な批判者は、自分のまなこでもって判断し、自分で調査し、求められるべきものが何であるかを知らねばならない。(p.78)


政府の類が学問や技術という商品が運び込まれる市場であるというのは、興味深い捉え方。

アベノミクスが声高に叫ばれる昨今の状況について言えば、「リフレ派」の経済学という商品が運び込まれたということであろう。選挙前の人気取りのための大規模な財政出動とその場しのぎのための大規模な金融緩和という煙幕を撒いてはいるが、それでごまかしている間に社会を改善できるようなビジョンは提示できていないといのが実情であり、引用文の言葉を使えば、この商品は「にせ金やまがいもの」であるということを喝破しなければならない。

私の予想では、2018年前後1年程度の間には、この悪影響(例えば、金融面での何らかの危機、例えば金利の上昇や国債の価格などへの悪影響の本格化、また、悪性のインフレによる生活苦の「実感」が統計的事実として把握されるようになることなど)が大きな形で社会問題となるのではないかと考えている。ただ、その頃にはアベノミクスやその内容は忘れ去られており、悪影響の原因は別のものにすり替えられて議論される可能性もまた指摘しておきたい。




 良き支配とは、温厚さに由来する。もしも支配者が圧制的でつねに厳罰を科し、人々の欠点を暴露したりその罪を数えあげたりすることに熱心であれば、人民は支配者を恐れ、卑屈になり、支配者に対して偽りと策略と欺瞞によって身を守ろうとする。ついにはこれが人民の特性となり、彼らの良識と性格は堕落してしまう。(p.490-491)



現代日本の支配ないし統治の状況を見ると、確実に「悪しき支配」へと進んでいるといえよう。

後段の部分の記述は、冷戦時代の東側諸国の状況に当てはまると考えられるが、未来の日本もこうした方向に向かっているわけである。




支配者が少しでも明敏すぎると、人民の知らないことにも気が付き、また物事の結果を初めから予知することができるから、支配者は人民に能力以上の仕事を課すことがある。このことは人民の破滅を導くものである。マホメットは「汝らのなかでもっとも弱い者の足並みについて行け」と言われた。(p.491-492)


ある意味、ここでの「明敏すぎる」とは、十分に明敏ではない事を意味している。十分に明敏であれば、ムハンマドが指摘したような弱い者の足並みをも考えて支配や統治を行うことができるはずだからである。社会を統治する者はそれをシステム全体として捉え、それを良い方向へと作動させることを考えるべきであり、それができない者は統治の任に値しない

この引用文が批判している人の分かりやすい類型としては、新自由主義的な経済政策を支持する支配者を挙げることができる。現在の日本の社会全体としては需要不足であることが不況の原因であるのに、サプライサイドを強化することにしか関心を示さない類の経済政策を支持する人々はすべてこの例に当てはまる。彼らは社会を全体として見ていないのである。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/896-7689bf2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)