アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

鈴木章俊 『ヴェーバー的方法の未来』(その1)

 したがって、この議論をわれわれが日常使っている言葉でいいなおせば、後者の研究(価値解釈)の目標は対象を批評するものである。批評するとは、さまざまな可能な態度決定の着眼点を読者に追体験させるということである。

(p.74)

本書で参考になった点の一つは、ウェーバーの方法論における「価値分析」「価値解釈」「価値議論」といった(価値自由や理念型などと比べると)比較的マイナーな概念について、解釈の糸口を与えるような議論が展開されていることである。



とりわけ価値解釈は、人間精神の多様性を「理解」させ、それによって、自らの精神の感受性を高め、物事を評価し、批評する能力を高めることができる。価値議論は究極の公理へさかのぼる訓練をすることにより、価値判断の一貫性をテストする能力を研ぎ澄ますことができる。……(中略)……。われわれは文化意義や批評にかんする研究を、一種の“知的遊戯”とみなす傾向にあるが、それは間違いである。それらはやはり、人間存在の一側面を構成する実践的判断の能力を高めることに寄与しているのである。(p.86)


同感である。こうしたことは、まさに私自身もウェーバーの著作と取り組むことによって身につけてきたことであるという実感がある。

日本の高校までの教育課程において社会科学のこうした人間形成的な側面がまったく教育されていないことはやや残念であると思う。高校生くらいの時期に――正確に言うと、本当の問題は高校生というような時期ではなく、誰もが通過する場で教えを受ける機会を持つことである――こうしたことを入口まででも教えておくことができれば、長期的に見ると日本の人々の社会的問題に関する知的レベル(問題解決のための実践的判断力)はかなり上がるように思われるのだが。



『経済と社会』の類型化されたカズイスティークは、すべて、切れ切れの類型ではなく、何らかの対向する観点のあいだで連続していて、徐々に対立して、最後に一番するどく対立するように配列されている。ヴェーバーは、明らかにこのことを自覚し、方法的に使用している。だから、類型とは切れ目なく連続している現実を、あえて切り離し、人為的に固定化した概念である。この方法を理解しないがために、ヴェーバーの方法は、しばしばたんなる類型学であって、変化がとらえられないと誤解されるのである。(p.164-165)


ウェーバーの理念型の理解とその使い方(応用)のために有用な興味深い指摘。



というのも、システムという考え方は、社会の増大する複雑化に対処し、簡略化を図るため、必要に促されて出てきた発想法だからである。(p.169)


確かに、システム論を用いて理解することは、複雑な現実を比較的容易に理解しうるものである。



『論集』においては、「『精神』」は、唯物史観批判という論調を脱け出し、近代西欧社会の個性的成立史というヴェーバー的問題へ改訂された。この観点を明確にしたヴェーバー体系は、不思議なことに明らかに、単一の近代システムを前提するウォーラーステイン体系とみごとに重なり合うと思われる。(p.172)


1904~05年に発表された「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の『精神』」は1920年の宗教社会学論集に収録される際の改訂で論点の変化があった。近代西欧社会の個性的成立史という問題の中に位置づけられた。ウォーラーステインの世界システム分析との共通性が生じたとする指摘は確かにそうした一面もないわけではないだろう。著者が言うほどの一致はないようにも思うが。



 家計とは、ウォーラーステインの用語に翻訳すれば、「世界帝国」となる。そこでの支配機構である貢納制も、ヴェーバーのいう家産制と正確に一致する。それは、ウォーラーステインが、家産制の完全な形態をすぐれた意味での世界帝国といい、その欠陥のある形態、つまり分権化した形態を封建制ということからもわかる。(p.186)


ウェーバーの言う「家計」はウォーラーステインの言う「世界帝国」と対応し、ウェーバーの「営利」がウォーラーステインの「世界経済」に対応するとの指摘。なるほど。本書から得た比較的大きな収穫の一つは、この対応関係が見えたことにある。

ただ、私見ではウェーバーの「家計」の方が、ウォーラーステインの「世界帝国」よりも外延が大きい概念であるように思われる。世界帝国が過去の歴史を振り返るとウェーバーの言う「家計」に該当しそうであり、興味深い指摘ではある。



 

ウォーラーステインは、近代資本主義が、世界帝国の特殊型としてのヨーロッパ封建制という独自なconjuncture(史的状況)から生れた、と考える。これは、ヴェーバーのいうKonstellation(史的布置)であり、彼もそのことを認めている。(p.204)


ウォーラーステインのconjunctureとウェーバーのKonstellationの概念には共通点があるということに気付いたのも、本書から得た収穫だった。ただ、これらはシステムの複雑な状態を指示する有用な概念であるという点では一致するが、ウォーラーステインのconjunctureはブローデルに由来するものであり、ブローデルの言う長期持続との関連から理解されるべき側面がある点には注意が必要であると思われる。その点から見ると、ウェーバーの概念の方が時間のスパンが短く、かつ、スタティックではないだろうか。



 その人間観にかんしては、ヴェーバーは「誠実」という観点から、ひとに純粋なるものを要求し、平均的発想法を排除し、極限的発想法を要求しようとする。ヴェーバーにとっては、中間的発想法は意味混濁であり、未分化状態と映じる。これにたいし、スミスは「同感」という観点から、病的な両極端を排除し、他人と自分とを接触させることによって、自分の感情を普遍的な共鳴点にまで、引き上げ、引き下げようと構想する。スミスにとっては、極限点は人間社会の崩壊の点であり、中点こそ統合の点である。(p.226-227)


本書から得た最大の収穫のひとつは、このアダム・スミスとの対比から繰り出されるウェーバーへの批判である。ウェーバーの思想の大きな魅力は、まさに本書で批判されている極限的発想法と深く関わっているからである。すなわち、ウェーバーを読み、彼の思想に意義を見出そうとする人々は彼の引き裂かれた両極端の対立闘争に意義を見出そうとする傾向にあるように思われる。実際、ウェーバーに見られるアンビヴァレンスや引き裂かれたものの闘争というモチーフには、確かに大きな魅力と認識上の意義がある。

しかし、この発想法と民主主義的な発想法には折り合いの悪さもあることなどを本書は指摘しており、ウェーバーの政治思想を相対化している。ウェーバーの政治思想をこれから本格的に検討してみたいと考えている私にとっては、なかなか有意義な橋頭堡を得た感がある。



 いいかえれば、ヴェーバーにおいては、現実は完全な混沌であり、そこから意味ある概念像を構築するには、なんらかの人為的な意志が必要となる。なぜなら、この混沌は無秩序であり、それを平均したり記述したりしても、われわれは有意味な概念を獲得しえないからである。混沌を処理するには、選択→誇張→理念型という人為の途しかありえない。ヴェーバーは、この現実観をその社会観に無意識に置き換えた。社会は、もともとこのようにアモルフであるがゆえ、唯一意味を担える「英雄的指導者」が、そこから本質的な要素を選び出し、それを強調することによってはじめて有意味な国民性が形成されると。したがって、これ以外の方法では、民主主義もただの衆愚政治に陥ってしまうのである。
 だが、現実はこのような全くのアトランダムの混沌であろうか。むしろ、一定のかたよりをもつような混沌と考えたほうがよいのではないか。さらに、このかたよりは、かなり長期にわたって不動であると仮定する。また、これを延長して、人間が別種の生物に移行しないかぎり、すなわち人間がホモ・サピエンスであるかぎり、このかたよりは不動であると仮定する。そしてこの状態を「自然」状態と定義する。自然をこのように定義したばあい、この認識は、自然主義的誤謬とは批判されないであろう。このように想定すれば、平均を構成するばあいも、まず両極端を排除し、かたよりを発見したうえで平均化すればよい。このばあいには、平均は単純平均ではなく、本質平均である。有意味な平均である。このイメージを政治観に投影したばあい、平均的大衆は思想なき愚民ではなくなる。彼らは有意味な星雲状態にある。それは、特定問題にかんするその時点での判断の集約点である。政治家の指導力も、それは教導力ではなく、このような意味での星雲状態を個々の惑星にまで形成する能力と解しうる。(p.229)


ウェーバーの「理念型」に関する理論と政治における「指導者民主主義」との並行関係について指摘し、それをスミスの「自然主義」的な発想から批判している。本書から得た収穫のうち、もっとも興味を惹かれた箇所の一つであった。

現代の日本の政治状況は、スミス的な平均化に関しては、両極端を排除せずに極端な主張が力を持ってしまっていること、また、星雲状の集約点があったとしても、それらを討議しながら合意形成していくような「面倒な」プロセスを忌避して「強い指導者」を求めてしまう点で多くの人びとの意見が一致してしまっていることを指摘できるだろう。ウェーバーによる政治像にやや近い、「非民主的なデモクラシー」(私は「民主主義」という用語は理念的なものとして用い、「デモクラシー」という用語を制度や組織的なものとして用いることにしている)となってしまっていると思われる。それを是正するためにもスミス的な考え方を明記することには意味があると考える。

スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/859-9925938b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)