アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

結城康博 『国民健康保険』

 しかも、「あの病院には、名医がいるから、自己負担額が四割になる」とか、逆に「あそこは評判が悪い病院だから、二割負担で済む」といったことはありません。このように、患者側に医療機関のフリーアクセス権が公正に認められているのは、日本の医療制度の大きなメリットといえるでしょう。(p.2)


こうしたメリットは日本に住んでいると当たり前すぎてあまり感じられないことであるが、そのメリットやデメリットを相対化して捉え直すことは重要である。



 一般的に一人当たりの平均医療費を、高齢者(70歳未満)と若者とで比べると年間4.8倍もの差があります。若者が年間約18.1万円に対して、高齢者は約87.0万延です。特に、入院医療費では、5.8万円に対して43.2万円と約7.4倍にもなります。(p.16)


この種のデータを的確に分析することが、適切な制度設計をするために欠かせない。しかし、こうした基本的なデータについて共通の理解が成立しているとは言えず、制度設計をするための基礎が固まっていないのが日本の社会の状況である。



 既述のように国民健康保険制度は市町村国保のほかに国保組合といって、医師や建設業などといった職種ごとに組合を作って医療保険制度を運営しています。国保組合全体では財政的には黒字の保険者が多く、保険給付に対する積立金比率が一部には約40%になっているとの調査報告がなされました。
 市町村国保の財政赤字が深刻でありながら、もう一つの国保組合の財政状況が黒字化している点は不公正といえるでしょう。しかも、国保組合にも市町村国保と同等に、保険給付全体に対して多額の公費が投入されています。黒字の保険者が多いなか、国による税金の投入が必要かという議論も生じています。(p.50-50)


本書の著者の比較的明確な立場の一つとして、この国保組合に対する批判的スタンスがある。

歴史的経緯からは国保組合が成立し存続してきたことは理解できるが、確かに現在において分立させておくメリットは日本の社会全体として見た場合には恐らくないと思われる。団体としての利益が明確なので、これらの国保組合は政治的な影響力を持つことができることが、制度改革の際には障壁となるだろう。

スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/830-409605af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)