アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

平岡昭利 編 『北海道 地図で読む百年』

 石狩河口に通じる創成川の水運を考慮して、その東には開拓使の営繕局や官庫、器械場に加えて、麦酒製造所や木材加工、皮革、醸造など多様な官営工場群が開設された。一方大通より北は開拓使庁舎とその役人の官舎で、官地とされた。1875年(明治8)にはこの地区の北1条から2条の西1丁目から2丁目の範囲に北海道大学の前身である札幌農学校が開設され、その敷地の一角に時計台として知られている演武場が新築された。その後、市街地区画の北にあった札幌官園は農学校園に転換され、それが現在の北海道大学の広いキャンパスになっている。
 大通より南は商業移民の入地を予定して町屋とされ、1区画を二分して6戸ずつの区画としたために「小路」が設けられた。このなかで中心商店街としての地位を長期にわたって維持してきたのが「狸小路」である。このように大通の分離帯を境に北は官地、南には商人が居住することになり、いわば城下町に似た町割りが設定されているが、よくいわれるように大通が当初から大防火船であったかどうか明確ではない。この町屋の南の「すすきの」には官設の遊郭が設定され、山鼻屯田兵村と接する南西端には東本願寺が開設された。遊郭はその後市街地の発展で、市の中心部に近い位置を占めることや、近接の学校の風紀上の問題から1920年(大正9)には豊平川対岸の白石村菊水地区に移設された。このためすすきのは一時は衰退をみたが、映画館や飲食店、バーなどが集中するようになり遊興の地として再び復活した。いまやこの地区は、東京以北では随一の全国有数の歓楽街に成長し、ラーメン横丁をはじめ夜の一大観光地となっている。
 このように中心部における機能の基本的な配置は、現在に至るまで継承されており、北は官庁街と住宅、南は商業とすすきのの飲食店街で、商業地は南1条通に立地した二つのデパートを中心に形成された。この両地区を結ぶ駅前通は、1880年(明治13)に札幌と手宮(小樽)間の鉄道が開通したことから、メインストリートとなり、市街地の発展軸は南北性を指向することになった。(p.6-7)


札幌の市街地の展開がコンパクトにまとめらえており興味深い。

創成川の東は水運上の利点から官営工場群が立地した。現在、サッポロファクトリーや札幌ビール園などが、この地区にあるのはこのためであることがわかる。

創成川の西では大通の南北で性格が異なり、北は官地、南は商業地となった。北大キャンパスの変遷なども興味を引かれ、時計台がなぜ現在の場所にあるのかもこの移転の経過からわかる。(もっとも、現在の時計台は明治時代に建っていた場所からはやや位置がずれているが。)現在の北大キャンパスが比較的広いのは、当時の市街地の外だったから、ということもわかる。

また、南では狸小路がなぜ現在の場所にあるのかということも理解でき、その南のすすきのも現在は市街地のど真ん中だが、当時はやや外れにあっただろうことが推測できる。なお、東本願寺が設置されているのも、本願寺が植民地への進出の際などに積極的に政府に加担してきたことを踏まえると、その意味が見えてくるだろう。

そして、手宮線の開通が札幌の駅前通の形成にまで影響していることや、南北を発展軸として指向してきたことなども現在の交通事情(南北の方が東西よりも移動しやすい傾向があると思われる)と相関しているように思われる。



 人口のうえでも札幌が全道の首位に立つのは1950年であり、経済機能においても全道を統括する地位を得るのは、戦後になってからである。とくに小樽にあった本州の金融機関や卸売り機能が1955年頃より札幌へ移転したことの影響が大きい。(p.8)


札幌が発展したのはかなり時期が新しいことにやや驚く。それと同時に、なぜあの街が歴史性を感じさせないのかということも了解される。さらには戦後における小樽の衰退と札幌の興隆がリンクしていることも理解できた。



 明治中期には日本郵船会社が小樽~利尻・礼文間の航路を開設した。これにより稚内は小樽の商圏に編入されることになる。この小樽からの利礼航路は1993年前半まで維持された。日露講和のポーツマス条約で1906年(明治39)には南樺太はわが国の領有となり、対岸となる稚内は連絡港としての重要性が高まった。(p.116)


稚内と小樽の関係、さらに南樺太との関係。



 北海道の農業地域の分布を一覧すると、そこには内陸開拓の歴史が大まかに反映されていることがわかる。開拓者の主眼は水田化にあり、米作の北眼に関心が注がれた。米作が不可能な地域の多くは畑作地帯となり、水田とあわせて耕種農業地域とよばれた。これらの地域の外側は農業が成立しない「限界地帯」とされ、道北や道東に広く見られた。自然条件に恵まれないこれらの地帯での農業地域の形成には、国策による農業開発が必要とされた。香川県に匹敵する面積をもつ別海町は、最近は沖縄米軍の実弾射撃場となり注目されたが、国による農業開発を機に、先進的な草地型の酪農地域へと変貌した代表的な地域である。(p.151)


水田がある地域、畑作が主である地域、酪農などが主である地域などに北海道開拓の歴史が反映していることが見てとれ興味深い。



スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/774-64eef7aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)