アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ギャラリー・間 編 『建築MAP京都』

加えて、耐久性の目処が80年といわれる鉄筋コンクリートの建造物にも、解体の刃は次々に向けられつつある。そうしたなか、かつて中京郵便局の保存・再生が切り開いた「ファサード保存」という地平は、「開発」と「保存」を調停する極めて有効な方策として注目される。(p.39)


鉄筋コンクリートの建造物が80年ほどが耐久性の目処だといわれているということは、初期の(大正時代くらいの)鉄筋コンクリート造の建物は、そろそろ耐久性の限界に達しつつあるということになる。歴史的な街並みの保存という観点から見て、こうした時代の建造物が売りになっている土地では大きな問題であろう。

本書ではファサード保存にその活路を見い出そうとしているが、正直に言って、私の感覚からすると内部も保存して欲しいという思いがある。確かに町並みの保存という観点や経済的な効率性などの観点から見ると、ファサード保存には十分な利点があると思うが、内部を全く変えてしまうような「保存」には疑問を感じる。

いずれにせよこの問題は難問である。



景観を議論するときに細心の注意で扱わねばならないのが先の視点場の問題なのである。(p.113)


確かに。



事実、近代に入ってからの日本の建築界が西洋技術の摂取から自立してゆく過程で、重要なターニングポイントのほとんどは大正時代になされているのである。(p.242)


興味深い指摘。



こうしたさまざまな要素が絡みながら、全体としてモダンデザインへと向かうというのがこの時期の傾向である。したがって、昭和戦前期に建てられた建築を見るに当たっては、そのデザインを特定の分類にはめ込もうとするのではなく、要素に分解してそれらがどのような影響のもとに現れたかを考える方が的確である。
 また、昭和5年(1930)頃から国粋主義にともなう帝冠様式も次第に姿を現すようになる。(p.243)


前段は参考になる指摘。

後段の帝冠様式はこれから少し詳しく調べてみたいと思う対象である。日本の国際連盟からの離脱など国際的孤立の状況との関連などから今のところ理解しているが、これに類する建築が他国でもあるように思われるため、そうしたものとの比較などもできれば面白いだろう。

スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/727-cbf593d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)