FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

宮本和義、アトリエM5 『近代建築散歩 京都、大坂、神戸編』

大都市の街路に、はっきりとした上下の区別がつき、上位の街路に直面することが極度に重要視される、という事態が東京以外の都市で一般化するのは、近代的な法定都市計画が施行されてから、つまり1918年以降のことである。(p.6)


興味深い指摘。



 居留地は1868年の開港以来、繁栄の一途をたどっていたが、第一次世界大戦が勃発すると主流であったヨーロッパ系の商社が撤退し、日本の船会社、保険会社などが進出することになる。その際に、それまでに建てられていた小規模の建物にかわって今日に残る大規模で本格的な建築が建てられはじめた。(p.191)


神戸の事例。こうした世界情勢の変化と都市景観の連動というのは興味深い。ヨーロッパの商社が小規模な建物を使っていたのだとすれば、それは出張所的な扱いだったからだろうか?また、上の引用文との関係を見ると、法定都市計画が施行されて街路に直面することが重視されるようになった時期ともほぼ重なっていることがわかり、こうした背景も「大規模で本格的な建築」を建てようとする誘引になったかもしれない。

話は変わるが、私が本書を読んで一番参考になったのは、1930年代の日本が国際的に孤立し、国粋主義的な風潮が強まっていた時代に「和風」の意匠をもつ近代建築が多く建てられたことが視覚的に把握/了解できたことであった。

例えば、京都の弥栄会館(p.25/1936年)、南座(p.28/1929年)、京都市美術館(p.70/1933年)、大坂市立美術館(p157/1936年)、白鶴美術館(p.209/1934年)などがそうである。美術館が多いことにも気づくが、これは美術の展示が国威発揚やナショナル・アイデンティティと関わっていることを暗示しており興味深い。

そのほか、本書を読んでいて見てみたいと思った建築をメモしておく。

京都国立博物館本館
河井寛次郎記念館
本願寺伝道院
旧京都市下京図書館
梅小路蒸気機関車館、扇形車庫、資料展示館(旧二条駅)
龍谷大学本館

弥栄会館

京都文化博物館別館
中京郵便局
京都市庁舎本館
カーニバルタイムズ

神戸回教寺院

近々、京都や神戸周辺に行く予定があるので、全部は無理でも幾つかは実地で見てきたいところである。

スポンサーサイト




テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/724-4874d660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)