アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

小西正捷、岩瀬一郎 編 『図説 インド歴史散歩』

 独立後インドは国内産業の保護育成と外国からの経済的自立を図って、海外からの資本の導入や製品の輸入を厳しく制限してきた。……(中略)……。自動車では、50年代の英国車やイタリア車を範とした「アンバサダー」「プレミアム」などという独自の車種や、ベスパ仕様のスクーター「バジャージ」が長いあいだインド全土を走っていた。……(中略)……。
 また、1978年には為替管理法が強化されて、IBMとともにコカコーラなどの外国企業がインドから手をひいたため、清涼飲料水業界も「カンパコーラ」や「リムカ」などインド独自のブランドが幅を利かせてきた。(p.107-108)


グローバル化が進むと商品も画一化の傾向を示すので、旅をして違いが見えにくくなり、あまり面白くない。世界中にあるスターバックスやマクドナルドなどはそれを象徴していると言えよう。

コーラと言えば、イランで飲んだ「ザムザム」が想起された。あの独特のちょっと粘ついた感じのあるコーラが現地の気候とマッチしていてどんどん飲みたくなったものだ。イランでは10年位前には行った時にはほとんどコカコーラを見かけることはなかったが、5年ほど前に行った時にはちょくちょく見かけるようになっていて驚いたと同時に、ちょっと残念な感じがした。その地域の個性のようなものが薄まるような感じがしたからだと思う。

スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/715-a13ca848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)