アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

荒松雄 『多重都市デリー 民族、宗教と政治権力』

このデリー南郊の地は、ローマもカイロも、西安も北京も比較にならないほどの、いわば「遺蹟だらけの土地」という感じだった。(p.44)


現在は開発が進み、遺蹟も破壊されたものや市街地の中に埋もれて見つけにくくなってしまっているものも多く、1950年代とは全く別世界になっているらしい。それでもデリーの南郊は多くの遺蹟がある(あった)地域であるということは訪問する身としては頭の片隅において置くのがふさわしいと思われる。もちろん、クトゥブ・ミナールなどがある場所などもここに含まれるからである。



東のデリーと西のカイロという、中世ムスリム王権支配下の二つの歴史都市の郊外で、トルコ系の「奴隷(マムルーク)王朝」の支配層が営んだ同じような墓建築に、奇しくも接することができたのである。(p.45)


もう5年程前だが私もカイロの歴史地区を訪れてモスクやマドラサなどを見てきたことがある。今度はデリーに行く予定があるので、うまくいけば東西のマムルークによるムスリム支配層の墓建築に接することができるかもしれない。



 デリーのトルコ系ムスリム支配者たちの造ったモスクや墓建築は、その数の多さにおいて世界史上特筆されていいだろう。(p.48)


モスクや墓建築が多い原因は何か?インドではムスリムでなくてもスーフィーの廟に詣でる人がいると聞くし、北インドでイスラームが広がっていく際にはスーフィズムの影響が強かったという。このとき同時にスーフィズムと同じ傾向を持つヒンドゥー教のバクティ信仰も広がっていたという。こうした民間信仰としてイスラームが広まっていったということが背景にあるのではないか。以上、私のあまり詳しくないインドの歴史についての知識から出てくる現時点での仮説としてメモしておくことにする。



 まずは十三世紀から十六世紀前半のサルタナット時代の遺蹟だが、この時期のモスクや墓建築の多くは石造で、素材にはデリーの近くの灰色の石灰岩や花崗岩を使ったものが多い。これらの石材の他に、西のラージャスターン地方特産の赤砂岩を使った建造物もあるが、その量はのちのムガル時代に比べるとずっと少ない。資材の面でのこの時代の特徴の一つは、アーグラの「タージ・マハル」に代表されるように、ムガル最盛期に多量に用いられた大理石の使用が少ないことだ。その点では、デリーに残る唯一のムガル初期の二代フマーユーンの墓は、赤砂岩と大理石とを巧みに使い分けた最初の壮大な墓建築として、歴史的な意味を持っている。(p.85)


逆に疑問なのだが、インドで大理石を用いて建築が建てられる場合、どこで産した大理石を使うことが多いのだろう?ネットで軽く調べた限りではラージャスターンやその西のグジャラートに良い産地があるらしい。これらの地域をどの程度政治的に掌握していたか、また、経済的・財政的に大理石を切り出して運ぶだけの力があったかということが関係しているのではなかろうか。石造建築の場合、石の産地についても注意を払って見る必要がある。



 サルタナットの最初の首長アイバクは、ゴール朝のスルターン・ムハンマドの宮廷奴隷から身を起こし、武将にまで昇進した人物だった。当時のトルコ系諸民族の権力体制の下では、スルターンやその側近の有力者の奴隷になることは、権力の登竜門への最短距離を走るエリートたることを意味した。……(中略)……。権力者の側近たる宮廷奴隷が権力の頂点を極めることは、エジプト史の「マムルーク朝」でも見られたことで、トルコ系ムスリム支配体制下での権力構成の特徴の一端を示す興味深い事象である。(p.125)


「奴隷」という言葉からはエリートとは逆のイメージが思い浮かぶため、この指摘は興味深い。また、エジプトのマムルーク朝とデリー・サルタナットの類似性についての指摘も同様に興味深い。



 サルタナットの最初の王権たる奴隷王朝の基礎を造ったクトゥブッディーン・アイバクの墓の所在は不明だが、スルターン・シャムスッディーン・イレトゥミシュの墓〔T2〕と推定される遺蹟は、今日なおクトゥブ・モスクの北西隅に見ることができる。デリーの王座に即いたイレトゥミシュの子孫の墓の一部もデリー地域に残っているが、スルターンに登位することなしに戦死した皇太子ナースィルッディーン・マフムードの墓〔T1〕は、墓室が地下にあるところから「スルターン・ガーリー(地下のスルターン)」の俗称で、クトゥブ地域の西方に残っており、今日ではヒンドゥー教徒を含むデリーの一部民衆たちから民間信仰の霊場として崇敬をあつめている。石の囲壁を巡らせた独特な構造を持つこの建造物は、デリー地域における最初の墓建築として、インド・イスラム建築史上で重要な意味を持つものである。(p.127-128)


これらも最初に引用した文が言うデリー南郊の遺蹟に当るだろう。本書が出版されたのは1993年であり、もう17年も前なので、現在でも見られるかは不明だが、クトゥブ地区を訪問した際にこうしたものも見られるかどうか注意しておきたい。



 スルターン・フィーローズ・シャーの死後、経済的基盤や支配層の権力争いのために、デリーのトゥグルク勢力は一挙に衰退の道を辿り始める。この衰勢に追い打ちを掛けたのが、1398年末のサマルカンドからのティームールの軍隊の侵入略奪と、その結果のデリーの荒廃だった。こうした状況の下で、サルタナット体制派急速に弱体化していく。(p.157)


フィーローズ・シャーの治世には多くの建築が建てられたというが、建築ラッシュの後すぐに経済や政治が衰退していったのだとすれば、フィーローズ・シャー時代の建築ラッシュは一種の公共事業だったのではないか、という仮説が浮かんでくる。公共事業をやったから衰退したのではなく、既にフィーローズ・シャー時代には衰退が始まっていたため、失業などを最小限に抑えるために公共事業的に建築を建てさせたが、結局、その後の建て直しはできず、経済的にも財政的にも立ち行かなくなったということではなかろうか。

この時代については詳細は承知していないので、的外れかもしれないが現時点での仮説ということでメモしておく。

スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/702-5bd2d8a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)