アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

神谷武夫 『インド建築案内』
フマユーン廟

 ムガル朝で最も発展した造営物は、広大な四分庭園(チャハル・バーグ)の中央に墓廟の建つ墓園である。それはしばしば王の存命中に造営が始められ、完成すると一般に公開されて公園となるのだった。その最初の実例が、第2代皇帝フマユーンの廟であるが、これは彼の死後、王妃ハージ・ベグムによって着手され、没後9年目に竣工した。10ヘクタール以上もある敷地中央の90m角の墓壇に建つ廟は、高さ38mのドーム屋根を戴き、赤砂岩と白大理石の組み合わせで仕上げられた。これが、以後のムガル朝の廟建築のプロトタイプとなる。
 建物は、各面の中央にイーワーンを置くペルシャ風であるが、四方に開かれている建築形式は、ジャイナ教で発展した四面堂の、イスラムへの適用であると考えられる。四隅の部屋にはシャー・ジャハーンの王子ダーラー・シコーなど一族の棺が置かれ、中央の広間にはフマユーンの棺が置かれているが、これは模棺(セノターフ)であり、本当の棺は地下にある。こうした墓形式も中央アジアから伝えられたのである。屋根と天井を別にする二重殻ドームもまた、サマルカンドやブハラなどの中央アジア起源であるが、こうすることによって外観がより立体的、彫刻的となる。これは絵画よりも彫刻を好み、建築をも彫刻のように造りたがるインド人の民族性にマッチした。フマユーン廟は、4つのイーワーンが中庭を囲むペルシャ建築を反転させて、4つのイーワーンが背中合わせになった独立彫刻にしたのである。(p.92)


北インドのイスラーム建築はイランや中央アジアの影響が強く、それにインドの土着の様式が混合されている。

フマユーン廟ではチャハル・バーグとチャハル・イーワーン、模棺がある墓形式、二重殻ドームといった特徴は中央アジアを含むイラン世界から来た要素として説明されている。インドで展開していた要素としては、ジャイナ教の四面堂とその彫刻的で外向きの形態が指摘されている。

ただ、「インド人の民族性」という表現には賛同できない。当時は「インド人」などという「民族」ないし、そうしたアイデンティティを持っている人はいなかったし、そうした人がいないのであれば、当然、「民族性」なる性質も存在しようがないからである。



タージ・マハル廟

 デリーのフマユーン廟で形式が確立したムガル朝の廟建築は、ここに頂点を迎える。ここの特異性は、廟を四分庭園の中央に配置するのではなく、ヤムナー河を背後にし、広大な四分庭園を前面に置くことによって、門を入ったとき、何物も妨げるもののないパースペクティヴの焦点に存在させたことだった。(p.111)


こうした視覚的な工夫がなされていること自体、こうした廟建築が「見せる建築」であったことを示しているように思われる。




スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/689-c83a5d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)