アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

門倉貴史 『貧困ビジネス』

 多重債務者や自己破産者は、様々な「貧困ビジネス」に利用されています。たとえば、多重債務者や自己破産者にニセの養子縁組などをさせて、金融機関から巨額の融資を引き出し、融資額の大半を搾取してしまうといった手口の「貧困ビジネス」があります。(p.43)


この事例では金融機関が騙されてしまうわけであり、貧困者自身は加害者の道具として利用される形になる。私もこうした事件に関わると思われる実例を知っているのだが、その全貌にはやや関心があるところである。



 このように富裕層が寄付を積極的に行う背景には、米国の税制度も少なからず影響しています。米国では基本的に、寄付をすると、それは所得控除の対象となり課税されません。
 日本でも寄付ビジネスが注目されるようになってきましたが、金銭的な寄付市場の大きさはGDPに対する比率でわずか0.22%にすぎません(1995~2002年平均)。
 ……(中略)……。
 また、米国と違って、税法で定められた団体や組織に限って、寄付金の所得控除が認められているため、寄付行為がなかなか浸透しないという問題があります。ですから、行政側が税法を改正するなどして、所得控除となる寄付の対象範囲を広げるようにすれば、日本でも米国のように寄付ビジネスが大きく拡大していく可能性があります。(p.182-183)


所得税の累進性の強化と併せて行うと効果的である。


スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/671-9db68d33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

門倉貴史『貧困ビジネス』

貧困ビジネス (幻冬舎新書)門倉 貴史幻冬舎このアイテムの詳細を見る 今回は、門倉貴史『貧困ビジネス』を紹介します。貧困層をターゲットにしているダークサイドな貧困ビジネスの現状と対策について記載しています。まあ、正直言って新聞などのニュースあったことを簡潔... itchy1976の日記【2010/12/25 02:58】