アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

近代遺産選出委員会 編 『日本の近代遺産』
札幌麦酒工場跡

 正面玄関の上の壁と後方の高い煙突のてっぺんに、大きな赤い星がついている。今はサッポロビールの商標になっているが、もともとは明治政府の北海道開拓使のシンボルマークであった。理想の星、北極星を表している。(p.12)


あの赤い星の由来。言われてみれば、開拓当時の北海道に関係するものは「星」がシンボルになることが多かったように見える。先日、北海道炭鉱鉄道のマークも星が使われているのを見たとき、そのように思った。



日本銀行旧小樽支店

 辰野は日本銀行本店を造る前、モデル探しに欧州を回っている。その際、最も気に入ったのがベルギー・ブリュッセルの中央銀行であった。この建物は外国軍の攻撃を想定したという堅牢な、“要塞風”で、その流儀を日本へ持ち込んだ設計者は「辰野堅固」の異名を持つことになる。堅固の本質は当然、小樽支店へと受け継がれた。(p.17-18)


本書の表紙にも採用されている日本銀行旧小樽支店の外観はこうした欧州視察の影響を受けているらしい。通常の「辰野式」とは大きく外観が違うため、ちょっとした違和感を持ったことがあるのだが、その理由(手がかり?)が少しだけわかった気がする。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/663-1964e172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)