FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

陣内秀信 『南イタリアへ! 地中海都市と文化の旅』
ナポリ

 都市政策で画期的なのは、歩行者空間がどんどん広がって、市民が町に繰り出すなったことだ。車を締め出すと、犯罪も減る。(p.18、強調は引用者)



なるほど。都市計画の重要性。

 中世には、フランスのアンジュー家の支配を受けたため、本場からこのナポリに本格的なゴシック様式がもたらされた。この時期に、サンタ・キアーラ、サン・ロレンツォをはじめ、修道院をもつ立派な教会がいくつも建設された。イタリアの中北部の都市よりも、むしろ南のナポリで本格的なゴシックの建築に出会えるというのも、面白い。(p.24、強調は引用者)



イタリアにはあまり本格的なゴシックはないのかと思っていたが、それは私がローマ以北しか行ったことがなかったせいだったようだ。フランスの王侯が南イタリアを支配するプロセスは調べる価値がありそうだ。

 積層するナポリの歴史の中でも、最も目を奪うのは、バロック時代である。常に外国勢力に支配され続け、市民自治の経験を持たなかったナポリには、イタリアの中北部の都市のような、市庁舎の聳える華やかな広場というものはない。(p.25)



南イタリアは東地中海世界の周辺地域だったため、それほど強力な権力がなく、北方からはレヴァントへのルートとして、あるいは東方に強力な勢力がある時代には北方へのルートとして確保されてきた、ということか。交易の十字路なるがゆえに政治的には安定しない地域の事例と言えそうである。(歴史的シリアや東南アジアなどもそうしたところではなかろうか?)

また、市庁舎や広場の存在と都市の自治との関係も興味深い指摘である。


ラクイラ

 ラクイラ創設という一大プロジェクトは、神聖ローマ皇帝フリードリヒ二世によって構想された。このあたりは、南イタリア全体を支配下においた彼の領土の北端にあたり、戦略上きわめて重要な場所だった。同時に、アドリア海とティレニア海を結ぶルートと、イタリアの南と北を結ぶルートの交差点にあたり、交易、経済活動にとっても大きな意味をもっていたのだ。(p.31)



創設されたのは1254年というから、まさに13世紀世界システムの世界的交易が最高潮に達した時代だったと言えそうである。それゆえ、こうした地(イタリア半島のど真ん中)にも交易網が拡大してきたということか?


モンテ・サンタンジェロ

 中世に市民自治が発達した中北部のイタリア都市では、広場に面する市庁舎の象徴的な建築によく出会うが、封建勢力の下に置かれた南イタリアでは、それに代わって、支配者の館で防御の砦でもあるカステッロがその存在を主張している。(p.51)



ナポリのところでも触れられていたことである。ただ、ここで注意しなければいけないのは、「市民自治」がなされていた中北部は「進んでいる」とか「近代的」であり、「封建勢力の下」にあった南イタリアは「遅れた」地域であるという、旧時代的なステレオタイプの先入観は持つべきではないということである

むしろ、どちらかというと、中北部で自治都市が発達したのは、広大な領地を治められるだけの力を持った封建領主が成立し得なかったという一面もあると思われるからである。(ドイツなどがその良い例であろう。)

これらは一概にどちらが良いとか発展しているとかいう問題ではないし、その後の展開にとってもどちらが良いかは一義的に確定できる問題ではない。(もちろん、身分制に基づく封建制度は、万人が平等な人権を持つという現代の考え方からすれば受け入れられない点が多いが、中世の自治都市が現代と同じような民主的なものだったわけでもない。むしろ、貴族制ないし寡頭制のようなものが多かったのではなかろうか?それであれば、封建制と大差ない。)


レッチェ

 調査中に何十軒もの家を訪ねると、毎晩、ホテルで情報整理のミーティングをしていても、日本に戻って分析をしていても、家族の名前やパラッツォ名では、どれがどの家だかすぐには思い出せなくなる。そこで編み出された我々の方法が、片っ端からニックネームを付けることで、こうするとどの家についても鮮明に記憶でき、互いにすぐに情報交換できるから不思議だ。(p.64、強調は引用者)



調査に限らず、旅行などでも使えそうなテクニック。参考になる。


アルベロベッロ

 歴史を誇るイタリアでも、文化財としての建築の考え方は、時代ごとの価値観の移り変わりとともに、大きく変化してきた。古くは、神殿や教会、公共建築や宮殿、そして貴族の邸宅といった有名建築だけが歴史的・文化的な価値のある保存すべきモニュメントとして考えられてきた。名もない一般の民家に人々が美を感じるようになるのはずっと遅れるし、城壁の内側のチェントロ・ストリコ(歴史的な街区)全体が貴重な文化財として認識されるのは、1960年代になってからである。田園に点在する小さな町や集落が評価されるのは、それよりさらに遅れる。(p.86)



旅行者としてこれを捉えなおしてみる。大モニュメントだけを楽しむのは時代遅れで、街そのものを楽しむというスタンスが新しい、という感じだろうか。まぁ、「新しい=良い」ではないけれども、単純に考えても、大モニュメントを見るだけの観光旅行は味気ない。確かに、私自身も偉大なモニュメントに「打たれる」経験は何度もしているし、それだけでも素晴らしいものではある。

しかし、やはり「見てくるだけ」の旅行では面白みは半分もあるかどうか。建築や街そのものを体感し、特にそこに住む人との関わりが、やはり私の場合、旅の醍醐味となる。お恐らく、「文化財に対する認識」とこうしたタイプの旅行観は並行現象なのであろう。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

はじめまして! 拙ブログでも陣内さんの著作をちょっと紹介しています。基本的には旅行ブログです。よければのぞいてみてください。トラバも大歓迎です。
【2007/10/31 01:49】 URL | Mizumizu #JUrcbCqk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/66-b8306027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)