アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

楊海英 『モンゴルとイスラーム的中国』

 現代中国は、回民反乱、太平天国の乱などを反清闘争としてあつかう時は、清朝を悪者にしたてる。モンゴル高原の諸部族が清朝から独立していく経緯を書く時は、清朝を祖国に格上げする。その時どきの政治政策によって清朝評価もめまぐるしく変わる。このような状況から見れば、通史は国家政策を裏づける根拠で、国家政策を正統化するためにあるように見える。(p.43)


中国の場合、この傾向は相当顕著なのは確かであろう。清朝の場合はその評価が特にめまぐるしく変わっているのではないかと想像する。



 1997年、内蒙古博物館の文物が日本で展示されることになり、私は展示目録の一部を執筆することになっていた。私が言及した古代の遊牧民、匈奴や突厥などの項目はすべて中国側に改竄された。中国側は匈奴や突厥を「中国の古代北方民族匈奴と突厥」に改めたのである。周知の通り、匈奴や突厥の活動は北・中央アジアの域を超えている。現代中国の公的な歴史が、従来の漢族歴史家とちがって、匈奴や突厥と対抗していた漢族の王朝のみを中国の前身と見なさず、漢文化の域を超えて活動した匈奴や突厥をも「中国の北方民族」であったと解釈するねらいは、民族政策のためであろう。つまり、内モンゴルや新疆ウイグル自治区に居住するモンゴル系やテュルク系諸集団を現代中国にとどめるための政策である。その意味で、通史には時の政治政策が反映されているといえよう。ある一民族の通史で、たとえその民族がモンゴルのように中国という枠組みをはるかに超えて存在してきたにもかかわらず、あくまでも現在の民族政策に主眼がおかれている。(p.73)


言葉によって事実が(捏造的に)作られている事例である。

この手の捏造的ないしはプロクルステスの寝台的な概念規定に対しては、差し当たり、「中国の北方民族」であると性格づることを可能にしている「史料的な根拠」とその「概念の定義」を明示させることである。直接相手と議論できない状況の場合は、例えば、匈奴や突厥が北・中央アジアの域を超えた活動の根拠を示して、それを「中国の北方民族」という用語が喚起する観念とを読者に比較させることであろう。



 日中戦争中の1936年7月と9月、日本軍は「板垣征四郎構想」を打ち出し、アラシャン地域に二つの特務機関を設置し、モンゴル人だけでなく、回民をも対象とした工作を展開していた。場合によっては、ムスリム軍人たちをも抱き込んで「回教共和国」のような傀儡政権を創ろうとも工作していたらしい。日本軍の特務は寧夏の馬鴻逵とも交渉していたが、それが南京政府の蒋介石らに知られてしまう。当時、すでに中国西北部に逃れていた中国共産党も馬鴻逵は日本軍と結託している、と宣伝するようになった。
 ダリジャヤ王も馬鴻逵も、どちらも共産党や日本軍などさまざまな勢力と上手に付き合う必要があったため、とくに非難される筋合いもなかっただろう。ところが、当時、寧夏南部と陝西省北部に逃げ込んでいた中国共産党はこれぞチャンスといわんばかりに、馬鴻逵は日本軍と結託している、と騒ぎ立てた。まったく「抗日」していない中国共産党が他人の「通日」を批判することで、自らの政治的立場を強化しようとしていたのである。(p.81)


中国共産党にはこうした行為は枚挙に暇がないように思うが、中国国内ではそれほど知られていないのだろうなぁ。そのあたりについて、もっとフェアに情報を開示しなければなるまい。

恐らく、中国国内でいわゆる「反日」感情を和らげるにあたって、こうしたフェアな情報が流通することは極めて大きな役割を果たすように思われる。共産党や中国が絶対的に正当な立場であり、それを日本軍が攻撃したとすれば、怒りの対象は日本(軍)に向かうのみとなるが、共産党や中国側にもかなり問題があったことを冷静に認識すれば、過度に単純な善悪二元論からは抜け出やすいからである。まぁ、共産党が現在のような体制で統治を続ける限り、当面は無理だろうが。



 毛沢東らの逃亡は結果的に成功した。
 歴史上、北魏や契丹、それに唐やモンゴル、更には満州人など北方出身の遊牧民たちが中原に攻め込んで征服王朝を立てた歴史とは逆に、紅軍は南部中国で形成された。彼らが四川西部から陝西省北部まで冒険的に歩いたルートは、実は先に述べた遊牧民たちが古くから開拓した南進道である。つまり、その逆を遡上したわけである。モンゴル帝国の軍隊が四川・雲南をいち早く征服してから南西方面より南宋を攻撃する歴史の裏をかくかのように、日中戦争の終了を待って、とっくに疲弊しきっていた中原の中華民国軍に背後から不義の一撃を加えて戦果を勝ち取ったものである。
 ・・・(中略)・・・。
 紅軍の西北への移動は、ソ連の指示を受けての退却、ないしは逃亡だった。しかし、今日では、この不名誉な行為は「長征」という美談に創りあげられている。・・・(中略)・・・。真実が異なっていても、一旦、「歴史」として創造されると、大衆はいとも簡単に欺瞞に乗ってしまうものだ。(p.120-121)


中国国内に言論の自由さえあれば、国内にこうした批判的な意見も生まれようがあるだろうが、それができないところに中国の問題があると思われる。

ある意味、このあたりの話なども、他国の人々にとってはあまり関心がない話であるが故に、比較的容易に欺瞞が通用してしまうのではなかろうか。



 不思議なことに、漢人はどこへ行っても農耕にこだわるが、自然から学ぼうという姿勢はまったくない。農民の鍬で破壊されて貧弱になった土地を今度は別の立場の弱い人びと、例えば回民に引き渡す。自分たちはもっと豊かな土地を求めてゆき、そして破壊をくりかえす。漢人が捨てた、痩せた土地に住む回民が農耕だけでは生活できなくなり、負の仕事にも従事せざるをえなくなると、回民たちをまるで生まれつき犯罪者であるかのようにあつかう。そのような歴史の反復ではなかろうか。(p.155)


本書の著者は「漢人」への反感がかなり強いようで、漢人への批判が結構あるのだが、ここに描き出されているような現象というのは、意外と日常生活の中にも似たようなものがあるのではないだろうか?



 少数民族の強制移住は、中国における核開発と連動している。言い換えれば、核開発のために少数民族がその故郷から追い出されたのである。(p.177)



 故郷が核に汚染されているのではないか、と心配する人もいたが、その結果は意外と早く現れた。ヒツジやヤギに三本或いは四本もの角が出るようになった。歯が生えない者や歯が脆くなって抜けてしまうような家畜もいるという。遊牧民の老人たちはそのように異変した家畜を「神様の意志によって生まれた者」と理解し、大切な個体としてあつかっている。家畜だけでなく、人間の方にも障害を持つ子どもが増えているという証言を得た。原爆の汚染を神様の意思と理解し、それでも汚染されたところに住みつづけているのは、そこが故郷だからであろう。三〇数年間も帰ろうとして帰れなかった故郷である。
 地元政府も汚染の事実を把握している。中央政府から調査に来る人もいるという。しかし、汚染の具体的な状況にはまったく公表されていない。補償も対症医療もないのが事実である。三〇数年間も核実験に使われてきた場所に遊牧民たちが今も暮らしている。私にはどうしてもマイノリティだから放置されているように見える。政府の幹部どころか、多数者の漢人もそこに住もうとしない。国威発揚に場所を提供した少数民族は、その貢献に見合ったかたちで報われていないどころか、犠牲になりつづけているのではなかろうか。このような実態に、あからさまな差別を感じる。(p.182-183)


少数民族は、核実験のために強制移住させられ、核実験が終わったら、その場所(彼らの故郷)に帰ることを許されたが、そこでは当然放射能を浴びることになる。



漢族の人はよく回族が何を考えているか分からないという。隣り合って暮らしながらしばしば差別的な眼差しを向ける。漢族の方が回族のことを少しも理解しようとしないから、両者の間に壁ができてしまうのではないか、と私は思う。(p.295)


中国で、たまに思うのは、人々の思考の空間がやはり閉じすぎていて、他者に向けての関心が低いということである。国内でも少数民族に対して同様の対し方をしているようである。



社会主義制度が確立した当初、多数の少数民族を創ったのは、実は昔から確固たるアイデンティティを持つモンゴル人やチベット人、そしてウイグル人の地位を相対的に低下させるための陰謀であったことは明らかである。(p.368)


ここでは陰謀論になっているが、少なくとも結果論としては正しいように思われる。

確かに、多数の少数民族を認定することが、モンゴル、チベット、ウイグルを「国民(中華民族)」として取り込みながら、中央への影響力も低く抑える帰結になった面は確かにあるだろう。



 「中国はいつ崩壊するかわからない」
と日本の中国研究者たちはよくこのように発言する。日本の人類学者たちの中にも、その説に同調する者が多数いる。確かに、中国の長い歴史を振り返って見れば、分裂と統合のくりかえしである。そのような視点に立てば、いつ崩れてもおかしくはない。
 このような言説には大きな欠点がある。それは、今を生きる人びとの思いを無視している点である。少なくとも、今の中国を生きている人びと、漢人だろうが、保安人だろうが、回族だろうが、中国の瞬時の崩壊を多分、強くは望んでいないだろう。彼らも中国にはさまざまな問題があるのを百も承知している。書斎派の中国観察者たちとちがい、当事者たちは毎日のように腐敗と圧制のリアリティを体験している。それでも、彼らは現在、崩壊よりもまずは豊かになることを望んでいる。(p.379)


通俗的な中国崩壊論への批判として、中国の人々の思いという地点から批判している。確かに、現地の人びとがほとんど皆、崩壊を望まないとすれば、どの集団も崩壊を意図した行為はしないだろう。ただ、行為の意図とその行為の帰結とは別のことであり、必ずしも連動しない。その意味で、著者の批判は社会科学的に見て不十分である。ただ、中国崩壊論者たちが、中国の人々の考え・思いを考慮していないという点は妥当だろう。




スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/562-a5e5969a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)