FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

陣野俊史 『フランス暴動 移民法とラップ・フランセ』

社会的貧困層の教育からのドロップアウト(もう中学高校をまともに続けられること自体が特権的になってしまっている厳しい現実もある。学級は崩壊し、このような郊外に住所を持つこと、そこの学校名を履歴書の学歴に書くことすら就職差別の対象となり、大量失業が常態化している)を見越して、効率の観点(早く労働市場に入れて不安定雇用で安く使う)から、義務教育年限を16歳から14歳への引き下げ(先進国では初めてか。今回の反乱中にドヴィルパン首相が正式発表した)まで計画して、負け組の若者の社会的排除を進めた。(p.43)

 エクエが言及している「2005年2月の法律」とは、植民地化の「よい面」を学校で教えるべきとの法律を指している。・・・(中略)・・・まったくどこの国の出来事かと耳を疑いたくなるような事態だが、ラ・リュムールのエクエが、暴動の根源として想定しているのが、この法律であることはもっと注目されていいだろう。2005年9月の新学期から、フランスの小学校では国歌「ラ・マルセイエーズ」が必修として教えられることになった事実も、併記しておきたい。(p.48-49)


これはフランスの現状についての若干の指摘だが、まさに日本の政治や社会が向かおうとしている方向性と一致しており、その一歩先を行っている感がある。フランスではル・ペンのFNが近年、勢力を増しているなど、あからさまに右傾化が進んでいるようだが、こうしたフランス社会が今後、どのような動向を見せるか注目していきたい。

フランスの暴動にアクセスしようとするなら、言葉なき民衆の言葉であるラップに耳を傾けるしか、私たちには方法はない。(p.68、強調は引用者)


こうした主張を目にして即座に念頭に置かれるのはサバルタン研究、それもスピヴァクである。ただ、それはさておき、日本の場合、こうした「言葉なき民衆の言葉」はどこで聞くことが出来るのだろうか?これは大きな問題であると思われる。

次は本書で引用されていた、あるラッパーの言葉である。

政治はビジネスだよ。候補者たちは、自分自身の未来のためにそこにいる。他人の未来のためじゃなくて。(p.108)



鋭い指摘だ。小泉純一郎、竹中平蔵をはじめとして、統一協会に祝電を送った安倍晋三などが即座に想起される。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/33-23656a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)