FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

朝日新聞経済部 『不安大国ニッポン 格差社会の現場から』(その2)
村上ファンドの事件があったので、関連する記事を引用しておく。

「まとまった株を取得したので、いまからうかがいたい」。本社[即席めんメーカーの大手、明星食品のこと、引用者注]に、元通産官僚で投資ファンドを運営するM&Aコンサルティングの村上世彰代表から、昨年7月中旬、突然、電話がかかった。
 ほどなく現れた村上代表は、「株主への利益還元が必要だ」とまくしたてた資本や資産が寝ている。メーカーが都心の一等地に本社を持っている必要はない。取引先との株の持ち合いをやめろ…。
 02年に社長になって以来、7工場を閉鎖、子会社を整理するなどの再建に取り組んできた。新製品の開発にも力を入れて内部留保も増えてきた矢先だった。
株価を支えているのは、リストラに耐え、それにもかかわらず従業員が一生懸命頑張ってきたから。頑張った人が報われるのは悪いことではない。だが1ヶ月そこら前に、博打のような感覚で株を買った株主に、株主利益を尊重しろといわれても……」と、永野社長は納得できなかったが、結局、04年9月期決算は減益にもかかわらず、増配を決めた。
 果実を手にした村上ファンドは、株主総会直前の12月中旬、保有株をすべて売り、あっさりと去っていった。5ヶ月間で配当だけで5000万以上、さらに多額の売却益を得た計算だ。
 その後、永野社長が村上ファンドの消息を聞いたのは、ライブドアのニッポン放送買収劇の陰で、保有株をライブドアに売り、巨額の利益をあげたという時だった。
(p.100-101、強調は引用者)



経済のマネーゲーム化が進むとこうしたことがもっと日常的になってくる。こんなことが常態化した社会に未来があるだろうか?


関連記事
村上世彰が嫌われる理由
朝日新聞経済部 『不安大国ニッポン 格差社会の現場から』
スポンサーサイト




テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/28-30a9235f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)