FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アンヌ・ディステル 『ルノワール 生命の賛歌』

この愛好家たちのサークルのほかに、ルノワールは画商デュラン=リュエルの支援も受けていた。こうして新たに生活のゆとりが得られると、ルノワールは当面売れる当てのないような大作の制作や旅行の計画を立てられるようになった。(p.73-74、強調は引用者)


この時期の大作として、1880~81年に制作された『舟遊びをする人々の昼食』がある。恐らくこの絵を描いているときにルノワールはある手紙に次のように書いている。

「昔から描きたくてうずうずしていた舟遊びの人々の絵を描いています。(略)完成させられるかわかりませんが、ドゥードンに相談すると、出費がかさんだ上に絵を完成させられなくても、私の言い分は認めるといってくれました。その言い分というのはつまり、これがひとつの前進だということです。画家は時には実力以上のことを試さなければならないのです」(p.75-80、強調は引用者)


冒頭に引いた著者の言葉と、次に引用したルノワールの言葉は、まさに「チャレンジ」が可能になるのはいかなる条件においてか、ということを明瞭に示している。

つまり、挑戦や冒険というものは(すべてとは言わないまでも)多くの場合、経済的・社会的に相応の安定的な基盤があり、安心感を持てる状態になったときにこそ可能となる、ということである。

上記のルノワールの場合で言えば、初期の頃は印象派の画家が皆そうだったように、少数の支持者だけが彼らを物心両面で支持する状態からスタートした。ある程度の人数の支持者と彼らとの信頼関係が出来たことによって、ルノワールは新しい画風に挑戦(チャレンジ)することができたのである。逆に言えば、こうした経済的および社会的基盤がなければ、ルノワールは恐らく冒険することはできず、新しい画風を切り開くことはなかったのではなかろうか。

ここではたまたまルノワールの例を引いたが、これは特殊な事例ではない歴史や実社会を見ると、基本的な構図はこれと同じなのである。

私が昔から良く使う例で言えば、哲学者としてその名を知らない人はいないであろうイマヌエル・カント(1724-1804)についても、これは当てはまる。カントは、彼の最も有名で、また最も野心的な試み(コペルニクス的転回)を行った著書である『純粋理性批判』を書くのに10年以上の歳月を費やしている。その間、論文の発表はしていない。そうした環境がなければ、あの本はできなかった。これも同様の安定した「社会的セーフティネット」があればこそ可能だったのである。今なら10年も論文を書かなければ学者はクビだろう。(まぁ、この辺は現代の学者と当時の学者を全く同じものとして比べるわけにはいかないのだが。)

こうした例をいろいろと見ていくと、新自由主義の政策を推進・擁護(=安定的な社会的セーフティネットを破壊)しながら、同時に口先だけの「再チャレンジ」を言うような人間(安倍晋三)がいかに信用できないか、ということがこうした観点を持っていると分かると思う。

新自由主義では一般にこの問題に対して「モラルハザード」という(一見もっともらしい)言葉を持ち出して「社会的・経済的に安定した基盤があると努力しない」という理屈が説かれる。私に言わせれば、屁理屈とはこのことを言う。これは「人間を働かせるには強制するしかない」という考えである。(こんなものによる動機づけは、せいぜい短期的で一時的な起爆剤として使えることがあるだけで、持続するものではない。人間は「生まれながらの奴隷」なんかではないのだから。)

しかし、ちょっと考えてみて欲しい。むしろ、強制されて働いているとき、働かざるを得ないから働いているときほど、「新しいことに挑戦しよう」とか「『自分はこのためにやっている』という充実感」を得ることは少ないはずだ。日頃の自分たちの経験に照らせばそうじゃないの?

こういうときには知恵は出てこない。どうやってサボろうか、どうやって楽をしようか、どうやってこの強制から逃れようか、と思うのが関の山ではないか?

むしろ、自発的に、どこからも強制力を感じないで、「自然に」取り組んでいるときにこそ「力」は湧き出てくる。そして、そうした場合を後から振り返ってみれば、自分の自発性を促し、強制力を感じないで済んでいるのは、よく考えれば、いつも何らかの安定的な土台や安心感がある(不安がない/過度でない)ことに気づくはずだ。

なお、この問題についての理論的な考察としては、金子勝『セーフティネットの政治経済学』(ちくま新書、1999)が入門書としてまとまっている。同時期に書かれた『反グローバリズム』はこれと対をなす作品であり一読する価値がある。彼の「社会的セーフティネット」の思想をさらに深く掘り下げるならば、思考のフロンティアシリーズの『市場』で展開されている「弱い個人の仮定」という考え方は非常に参考になる。

なお、ここで金子勝を推しているのは、この問題について現在の日本で一番分かりやすく、かつ、(最低限の社会科学的素養があれば)誰でも読める文章で書いているからである。

最後に、本書からルノワールが言ったという名言を一言引用しておこう。

私にとって絵とは、好ましく、楽しく、きれいなもの・・・そう、きれなものでなければいけないんだ!
 人生には不愉快なことがたくさんある。だからこれ以上、不愉快なものをつくる必要なんかないんだ。(p.149、強調は引用者)

スポンサーサイト




テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/26-fd27dd4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)