FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

岸本美緒 『世界史リブレット13 東アジアの「近世」』

 1550年代の「北虜南倭」の危機をなんとか切り抜けた明朝は、その後方針の転換をおこない、67年ころには「海禁」をゆるめて民間の海上貿易を許す(ただし日本への渡航を除く)とともに、70年にはモンゴルとのあいだに和議を結んで北方の交易を軌道に乗せようとした。この方針転換がおこなわれた時期は、東アジアの銀の流れからいっても一つの画期であった。それは第一に、日中貿易におけるポルトガルの台頭である。ポルトガルは1557年に民の官憲からマカオ居住の許可をえて中国沿岸に拠点を確保していたが、70年ころには日本の側でもキリシタン大名大村純忠の領内に長崎港が開かれ、長崎とマカオを結ぶ交易がポルトガルの手によっておこなわれるようになる。日本を警戒する明は日本人の中国来航や中国人の日本渡航を禁じていたが、その間隙を縫ってポルトガルは、日本の銀と中国の生糸という当時の東アジア最大のドル箱路線を確保して巨利をあげたのである。その後、日本銀産出のピークであった1600年前後まで、東アジアにおけるポルトガル貿易船の黄金期が続く。(p.12-13)



政治的な対立が第三者にとって有利になり対立している当事者間には不利になるケースがあるということをわれわれはよく覚えておいたほうがいいだろう。




当時の女真経済は、農業とともに狩猟採集に依存していたといわれるが、狩猟採集といっても獣を狩ってその肉を食べたり木の実をとって食べたりする素朴な自給自足経済ではなく、国際交易と深く結びついた貂や人参など特産品の狩猟採集であったことに注目する必要があろう。諸民族のいりまじる市場に若いころから出入りしていたヌルハチは、有能な武将であると同時にまた「商業資本家」でもあったのである。(p.45)



ヌルハチが「商業資本家」でもあったという指摘自体が興味深いが、もう一点指摘しておきたいことがある。それは「狩猟採集」という言葉が、普通は「素朴な自給自足経済」をイメージさせる傾向があるということ、そして、それと同時に、そうしたもの(素朴な自給自足)とは別のもの(国際交易の一部)でもありうるということ、である。

事柄の内実を見据えることの重要性、裏返せば、言葉のイメージだけで考えることの危険性を、このことは示唆している。




 清代は中国史上まれにみる人口増大の時期であった。とくに18世紀の100年間に、中国の人口は一億数千万から約三億へとほぼ倍増したと推定されている。こうした急速な人口増大を支えた少なくとも一つの要因が、特産品と自給作物を組み合わせた「棚民」たちの積極的な山地開発であったことは疑いない。16~17世紀に導入された新作物が、このような開発の進展を可能にしたのである。(p.76)



特産品と自給作物を組み合わせた云々というのは、次の自体を指す。

葉煙草のような集約的農法を必要とする商品作物が普及すると、それだけ食べるものを作る農地は少なくなる。それを甘藷やトウモロコシのような痩せた土地でも栽培可能な新作物が補完した。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/208-5eb8412d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)