FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

而立会 訳、三潴正道 監訳 『必読!今、中国が面白い 中国が解る60編』
本書は、2006年の『人民日報』の記事からの翻訳である。

 日本の安倍晋三新首相が十月八日から九日にかけてわが国を訪問した。・・・(中略)・・・。彼は、日本が第二次世界大戦中に行った植民地支配と侵略行為が多くの国々、特にアジア諸国の国民に計り知れない損害と苦痛を与えたことを認め、且つ、日本が極東軍事裁判の判決を受け入れ、異議を唱えないことを表明した。
 ・・・(中略)・・・
 安倍首相は訪問中に、日本が嘗てアジア各国に計り知れない損害と苦痛を与え様々な傷跡を残したことについて、深い反省の念を表明し、且つこの立場が今後も変わらないこと、また日本は決して軍国主義を賛美しないしA級戦犯も美化しないことを表明した。彼は更に、日本は引き続き日中共同声明に従って台湾問題を処理する立場を変えておらず、一つの中国の政策を堅持し、「二つの中国」や「一つの中国・一つの台湾」を認めず、台湾独立を支持しないことを表明した。(p.8-10)



当時、日本のメディアは「戦略的互恵関係」という言葉ばかりをクローズアップしていたが、こうした側面はあまり伝えなかった。安倍が彼個人の意見に反する数々の約束を中国としてきたということについては、よく認識する必要がある。

私としては、安倍本人としては、長期的にはこれらを覆すつもりなのだろうと想像する。従って、当面の支持率向上のために行った措置だと解釈している。結局、自分の数々の判断ミスで支持率はこの後どんどん落ちるのだが。




湖北省は中国中部に位置し、公務員の賃金は高いとは言えない。一部の専門知識をもった裁判官はしばしば深セン・上海・広東など発展した沿海地域の高給・高位による一本釣りの対象となっており、裁判官の「東南飛」(東南部への流出)はますます増えている。(p.75)



賃金が地域で違うとこういうことが起こる。人は、賃金が高い職場には参入しようとし、賃金が低い職場からは退出しようとする

北海道の夕張市で給与30%をカットしたり、退職金も大幅削減したら職員がどんどん辞めたこともこれと同じ道理である。

ただ、高賃金で働くからといって労働のモチベーションが高いかどうかは別問題である。しばしばこのことが混同され、成果に応じて給与が上がるほうがモチベーションが上がると解釈されて、悲惨な給与体系が構築される(成果主義)。実際には、これは労働のモチベーションを極めて下げてしまう給与体系である。




特に注目に値するのは、同じ漢民族の姓であっても血縁上大きく二つに分かれている点で、武夷山の南嶺を境に、その南北間の血縁上の差異は大きく、南北の漢民族間の差異は少数民族との差異より大きい。(p.240)



中国社会は、南と北とがそれぞれ緩やかなクラスターを形成するネットワークだったということを示している。

また、これは「民族」なるものが血縁とはあまり関係ないということを、ある意味では示す資料でもある。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/203-52201c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

而立

而立会 訳、三潴正道 監訳 『必読!今、中国が面白い 中国が解る60編』本書は、2006年の『人民日報』の記事からの翻訳である。 日本の安倍晋三新首相が十月八日から九日にかけてわが国を訪問した。・・・(中略)・・・。彼は、日本 ネット社会歩き方【2007/09/07 12:14】