FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アンドリュー・ドルビー 『チーズの歴史 5000年の味わい豊かな物語』

 1948年頃、終戦後の「ヤミ市」全盛の国内経済は駐留米軍とその家族相手の業者を生み出し、また、米軍ルートからドロップアウトした「米軍放出物資」なるおのが大いにもてはやされた。
 米軍の携行食であり、栄養バランスの良いプロセスチーズ(クラフト・チーズ)は、食糧難の当時としては格好の商材であった。このアメリカ軍が持ち込んだプロセスチーズが、日本のチーズ文化のリード役になったのは当然のことであった。このことが、プロセスチーズを日本の直接消費チーズの主流にした理由である。
 一方、ナチュラルチーズを一般市民が口にできるようになったのは1951年になってからである。連合国側と日本との講和条約が正式調印され、外国との輸出入ができる「独立国」に生まれ変わったためである。(p.175)


以上は本文ではなく、村山重信氏による解説からの引用。ある意味、80年代頃までのチーズと言えば、プロセスチーズばかりで、味も金太郎飴的に同じようなものがほとんどだったように思うが、その基礎となった事情が少しばかり分かったように思う。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1459-a11051a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)