FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

出口治明 『グローバル時代の必須教養 「都市」の世界史』(その2)

 このような伝統があるので、ウィリアム一世はイングランドを支配すると、全土の状態を把握するために、早速に土地台帳(ドゥームズデイ・ブック)をつくらせました(1085)。この土地台帳は興味ある事実を教えてくれます。この台帳には当時の有力者の実名が200名近く記録されているのですが、この中でアングロ・サクソン系の名前は10名前後、残りはすべてフランス系の名前だったのです。
 フランス人といってもフランク族につながる生粋のフランス人ではなく、ウィリアム一世がノルマンディー公国から引き連れてきた元ヴァイキング、ノルマン人の豪族たちです。彼らがイングランド貴族の大半になっていったのです。僕たちはイングランドを「アングロ・サクソンの国」と呼びますが、そう呼ばれる国は11世紀にはすでに伝説化していたのです。(p.274)


ノルマンディーから来た元ヴァイキングのノルマン人たちがイングランドの貴族の大半を占めるようになったというのは重要な指摘。ただ、「アングロ・サクソンの国」が伝説になっており、実情とは違うという類の指摘は、被支配層が誰だったのかということを考えると、そう簡単には言えないのではないかと思われる。その支配領域に実際に多く住んでいたのが誰だったのかという観点からみれば、「アングロ・サクソンの国」と呼ぶことはできるように思われるからである。

もし、上記引用文のような言い方が適当なのだとすれば、清朝は女真族の国であり漢民族の国ではないことになるし、一つ前のエントリーで指摘されていた隋や唐が鮮卑族から出たのだということから、隋や唐は鮮卑族の国ということになる。これらは確かに(前のエントリーでも唐の時代や国の特徴が支配層の志向と関係が深いと指摘されていたように)事実の一面を正しく捉えているとも言えるが、被支配層は支配者が変わっても日常の生活を送ってきたことを考えれば、支配層だけに注目して国を特徴づけるのも問題を含むと言えるだろう。



当時はコロンの新大陸到達後、スペインが新大陸の金や銀を独占し、イングランドの進出を許しませんでした。女王は対抗策として、金銀や新大陸の産物を積んでヨーロッパに帰ってくるスペイン船舶を襲撃する目的で、海賊行為を認めました。スペインの新大陸から帰ってくる船は、スペインの港を目指すのではなく、ネーデルランドのアムステルダムやロッテルダムに帰港しました。当時のネーデルランドはスペインの領土だったのです。大西洋側にはポルトガルもあり、スペイン本国に良好な港がなかったため、ネーデルランドの港に帰港していたのです。イングランドの海賊は、ネーデルランドの港に向かうスペイン船舶を襲ったわけです。
 この海賊行為は女王が公認したものでした。すなわち海軍としての行動だったのです。非道のようにも思えますが、新大陸に勝手に上陸して先住民を迫害して略奪したスペインと、そのスペインの船を襲うイングランドと、どちらを悪とするか、断言しきれない問題でもあります。海軍は同時に海賊でもあった時代で、別にイングランドに限られたことではありませんでした。(p.290-291)


新大陸と往来していたスペインの船がネーデルランドの港に帰港していたという点は、スペインからオランダへと世界システムの覇権が移っていったことの大きな要因のひとつだったのではないかと思われ、興味深い。

また、海軍と海賊の関係も、掘り下げて見ると面白そうなテーマであると気づかされた。

ただ、スペインとイングランドとどちらが悪かという問いはミスリーディングであろう。どちらも悪に決まっているからである。本書の叙述はイングランドの襲撃行為を正当化しようとする方向に流れているという点は指摘しておく必要があろう。



フランス革命のとき、王室が倒れたことで王急に召し抱えられていた宮廷料理人たちが失業し、パリ市内でレストランを開店したことが、パリを美食の都にしました。また王室や貴族の衣装をデザインしていた人たちもパリ市内にブティックを出さざるを得なくなり、ファッションの都パリが誕生する契機となります。このように共和政となったことで、パリの市民文化はいち早く豊かになりました
 そして多くの芸術家たちもパリに集まってきました。それはなぜかといえば、パリには、他の皇帝や君主がいる街にはない、市民だけの街の自由があったからです。(p.349-350)


パリの華やかさ(美食、ファッション、芸術)は、共和政となったこと(王がいなくなったこと)にその大きな要因があった。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1455-00200a30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)