FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

マルクス・ガブリエル、マイケル・ハート、ポール・メイソン 『未来への大分岐 資本主義の終わりか、人間の終焉か?』
マイケル・ハート

 本来、特定の経済システムが果たすべき責任とは、生産力を増やして人々にまともな生活を提供することにとどまらず、人々の才能や能力を十分に活用することなのです。(p.29)


才能や能力を活用するという言い方には、個人主義的な考え方がやや強すぎる感じがする。むしろ、社会の中ですべての人がそれぞれ然るべき位置を占め、そこでそれぞれ何らかの貢献をする、といった方が良いのではないか。



マルクス・ガブリエル

斎藤 現在の状況全体が最低だから、それに対処する政治も最低じゃないといけないというわけですね。でも、どうして人々はまともでない状況をまともな形に直そうとせずに、最低な状況で生きることを選んでしまうのでしょうか。
MG 心理学的な説明になりますが、もし政治がまともになれば、ないことにしている他者の権利を認める必要が出てくる。それに対する、暗黙の恐れがあるのです。(p.158)


明らかな嘘に基づくような政治であっても人々がそれを直そうとせず受け入れてしまうことについての議論。現在、「保守」と呼ばれている「反動」勢力は、普遍的な人権などを認めようとせず、それをないことにしようとしているが、そのことに対する「彼ら」の心理としては、確かに、マルクス・ガブリエルが言うように解釈できる。



とくに相対主義と社会構築主義は、事実のあるところに事実を見ないという帰結をもたらします。
 あなたが事実を見なければ、目の前の問題に対して自分がどんな態度をとるのかを決められない。つまり態度の調整が不可能になります。社会構築主義は、人々から現実を見る力と問題に対応する力をそいでしまうのです。(p.173)


マルクス・ガブリエルが繰り返し述べる、この問題意識には共感する。90年代頃にポストモダニズムが流行していた時に、私自身が非常にうさん臭さを感じたのは、まさにこの問題意識に通じていると思っている。ただ、社会構築主義には、私もその後、00年代頃にはかなりコミットしてしまったが、いわゆる「保守」(つまり、実際には「反動」)や権力を握っている側が、これを明確に悪用することが世界的に増えてきた00年代後半には、そこからどのように抜け出すべきかということが徐々に意識されるようになってきたと思う(その前の2003年のイラク戦争などもこの問題点が感じられる事例であろう)。私にとって、その手掛かりとなってきたのはオートポイエーシスであり、マルクス・ガブリエルの新実在論も観察者の理論である点で多くのポストモダニズムの議論と共通の誤りを犯しているとは思うが、そうであっても、相対主義を乗り越えようとする姿勢自体は評価に値するし、彼のこうした議論によって相対主義や社会構築主義の問題点がより広く認識されること自体は歓迎したい。



ポール・メイソン

 世界人権宣言(Universal Declaration of Human Rights)が国連総会で採択されてから、すでに70年以上が経っています。ところが、中国の大学では、「七不講」という政府からの通達によって「人類の普遍的価値」という言葉が使用禁止になっています。その一方で、中国政府は企業などの民間部門に対して、データと専門知識を供出するよう命令しています。2035年までに中国が、AI開発における世界的リーダーになるためにです。(p.301)


中国共産党にとって「人類の普遍的価値」が認められることは不利益だということを宣言しているようなものだが、それはつまり、自らそれを否定(踏みにじっている)と認めているということ。中国の人々は、中国共産党が行っているこうした事実をより深く知るべきである。それを知らせていくような運動というものも必要なのではないか。

ただ、これは他人事ではない。桜を見る会の招待者や招待の経緯を意図的に明らかにしないようにしている政府、森友問題と加計問題、労働や経済に関する統計の(意図的な)不正操作など、政府にとって都合が悪い情報はなかったことにしようとしているのは安倍政権も全く同じだということを日本の人々ははっきり知った上で政権を選ぶべきなのだ。(中国共産党と同じような安倍政権の支配を受けたいかどうか。)

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1420-70baa866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)