FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

藻谷浩介 『世界まちかど地政学 90ヵ国弾丸旅行記』(その1)

 英国では1994年の国鉄分割民営化の際、「上下分離」方式が取られた。路盤と軌道は全国一括で国有の公益法人が所有・管理・保全し、車両の保有と運行は数多くの民間企業が競争して行っている。
 税金で整備・管理される道路の上を走るバスや自家用車との、競争条件同一化(イコールフッティング)が図られているわけだ。おかげでJR北海道の路線廃止問題のようなことは起きないし、車内は清潔でインテリアは近代的、PC電源も完備だ。(p.61)


上下分離方式がバスや自家用車とのイコールフッティングというのは、それなりに筋が通っている。民営化は基本的に好ましくなかったが、やるならせめてイギリスのようなやり方でやってほしかったものだ。それに引き換え、日本の国鉄民営化は地方を切り捨てるためにやったようなものである。



 首都圏への一極集中という、世界の先進国では日本と韓国でしかおきていない珍しい現象を、当たり前と思い込んでいる日本人には、浜松や静岡程度の大きさの都市で金融、情報、芸術の集積が高まっているという状況を、あるいは理解しにくいかも知れない。(p.69)


これはグラスゴーに関するコメントだが、確かに、日本では一極集中が当たり前と思っているかも知れない。ここからは、日本と韓国では一極集中が起きる原因は何なのだろう?という疑問が生じる。他国と比較してどのような条件が異なっているのかは気になるところ。



 第二次世界大戦は、化石燃料の産地や交通の要衝の争奪戦でした。ですが、化石燃料の出ない日本が戦後に大発展し、世界最大の原油埋蔵量を持つと言われるベネズエラが南米の最貧国に陥りつつある現実をみてもわかる通り、資源は買えばいいのであって、それよりも平和を前提とした貿易システムの中で勝者にならねばならない。そのためには、資源地帯だの交通の要衝だのを占領して経済制裁を受けては元も子もない。だから米国は占領地からは基地を除いて撤退しますし、中国も無人島や租借地での拠点構築はしますが、有人領土の侵略はしません。今の日本には、21世紀のこういう歴史的、地政学的変化を、理解できていない人があまりに多すぎます。(p.134)


藻谷の地政学的な見解の中でも重要な要素が語られている箇所。基本的な方向性としては私も同様に考える。



 地理を考えないと歴史の把握も難しくなります。たとえば邪馬台国論争ですが、魏志倭人伝の順路の記述は、対馬―壱岐―松浦郡―糸島郡―博多湾まで地理の教科書のように正確なのに、その先はまったくアバウトになる。もし邪馬台国が大和だとすると、なぜその途中にも数十はありそうな国への言及がほぼないのか。大阪湾から大和まで陸行一カ月というのも無理がある。つまり博多から先の記述の信頼性はがぜん低いわけですが、地理感覚なき文献史学では、博多までと区別なく金科玉条と扱ってしまいがちです。
 逆に歴史を勉強していない人が外国に行って書くことは、「建物がこんなにきれい」とか「ご飯がこんなにおいしい(あるいはまずい)」とか。どうしてこのような建物が建っているのか、どうしてこのような料理が生まれたのかという歴史的な経緯にまったく触れていない文章は、読んでいて面白くないのです。(p.135)


「地理は歴史の微分、歴史は地理の積分」との主張にも共感する。



 つまり、「“犬棒”能力」とは気づく力でもあるのですね。その際のコツは、「なぜここにこんなものがあるのか」と、頭を素にして考えること。そしてそれ以上に、「なぜここには、他所にはある〇〇がないのか」と考えることです。あと、強いて言えば、インフラのメンテナンスの状態は、国情をよく反映するのでチェックします。また、政府が外国人に見せたがる、劇作家・評論家の山崎正和の言葉を借りれば「グラマラス」な場所と、その対極にある庶民の住む場所を比較するようにしています。(p.136-137)


犬棒能力は、鍛えてみたい。旅行以外でも絶対に役立つに違いない。

また、グラマラスな場所と庶民の住む場所の比較は、確かにやった方がよい。権威主義的な国では表側のグラマラスな場所も、そのすぐ裏に入ると、もう別世界ということも多い。このように、グラマラスな場所と庶民の住む場所がどのような位置関係にあるかということも結構重要だったりする。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1412-566ab68e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)