FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

マイケル・サンデル&ポール・ダンブロージョ 編著 『サンデル教授、中国哲学に出会う』(その2)
第五章 儒教から見たサンデルの『民主政の不満』 陳来

 欧米の政治思想の中心原理が、個人の権利と個人の自由を優先することに根ざしているのだとすれば、そしてわれわれが、共通善という概念に関する要求が基本的な個人の自由を侵害していると思っているのだとすれば、儒教は、権利をそのように優先させることをけっして認めない。……(中略)……。市民の権利、政治的権利、経済的権利、社会的権利は、論理レベルでは、儒教と欧米文化では順番が異なるし、その実現(歴史的な状況と密接に関連している)の順序、そしてとりわけ責任と権利の根本的な関係という点で異なる。儒教の立場としては、権利にも個人にも優先権を与えない。
 ……(中略)……。大昔から、とくに儒教の伝統では、中国は国家に対する個人の権利と要求を最重要事項としてこなかった。儒教では、国民の幸福を守るのは為政者と政府の義務だが、その焦点となるのは、経済的権利と社会的権利だった。(p.113)


ここで述べられていることは、中国政府(それ以上の権力機構である中国共産党)が人権を尊重していないことについて外国や国際機関から指摘を受ける際に持ち出す屁理屈と同じ内容ではないか。まず、ここで述べられていることは儒教は為政者にとって都合の良いイデオロギーであって、支配を受ける側の人のことなど顧みていない(為政者側が反乱を起こされない程度の正当性を調達できる程度にしか顧慮しない)と言っているのに等しい、ということを指摘しておく。

つまり、市民権、政治的権利、経済的権利、社会的権利などの優先順位が異なっており、中国では経済的権利と社会的権利を重視していたと本章では主張しているが、果たして中国に経済的権利や社会的権利を尊重した政治があったかどうか甚だ疑問である。労働に関する権利が歴代の王朝(現代を含む)で尊重されてきたとは思えないし、社会保障や適切な生活水準を保証される権利も尊重されてきたとは思えないし、教育を受ける権利が尊重されてきたとも思えない。むしろ、市民権や政治的権利を人々には与えず、経済的及び社会的な為政者側の権限を尊重してきたというのが実態ではないだろうか(専制政治が行われる社会や封建社会などの状況は中国に限らず概ねこのようなものだろう)。



第九章 道徳的主体なき道徳性についてどう考えるべきか  ヘンリー・ローズモント・ジュニア

 マイケル・サンデルは、彼のいう自我が、負担を取り除かれた同胞たちとどの程度同じく尊厳と敬意を認められ得るかは述べていない。おそらく、サンデルはこれを説明できるだろうし、あるいは、他の哲学者の誰かができるだろう。だが、誰かがそれをはっきり説明するまでは、ロジャーと私が両方の選択肢を退けることも許してもらいたい。(p.235)


この論法は利用価値があるが、ここでの著者の意図とは異なり、一般的に有利な状況にいる側にとってより有利になるやり方だということには留意しておきたい。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1386-ba95fa3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)