FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

『日本を解剖する! 北海道図鑑』
北海道庁旧本庁舎

焼き過ぎれんが
 壁の下の部分のレンガが黒っぽいのは、強度を上げるため、通常より強く火入れをした「焼き過ぎれんが」を使用しているから(p.74)


「焼き過ぎれんが」を使っている建築は他にはどんなものがあるのだろう?



八角塔
 アメリカで独立と進取のシンボルとして、ドームを乗せる建築が流行。これが「『アメリカ風』ネオ・バロック様式」といわれるゆえん。(p.75)


アメリカ風ネオバロックのうち「アメリカ風」の部分は、主に中央のドームということか。



小樽×ガラス

浅原硝子製造所がニシン漁の隆盛を背景に明治43年(1910)に考案したガラス製の漁業用浮き玉は、最盛期の製造量が1000t以上。北洋漁業の縮小や、プラスチック製浮き玉の普及によりその数は減少していったが、豊漁時代の小樽を支えたのはガラス製の浮き玉だった。時は流れ昭和後期、浅原硝子製造所の小売部門を継承した北一硝子が、生活必需品だったガラス製の石油ランプを市内中心部で販売したところ、観光客を中心に大流行。小樽をガラスのまちへと導くきっかけとなった。


明治期のニシン漁という大きな産業に付随して「ガラス玉」が開発された。昭和後期に運河論争により世論の関心が高まり小樽が観光地へと変化していく中で、土産物として観光地としての魅力を高めるのに貢献した「石油ランプ」。この辺りの関連はなかなか興味深い。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1377-2bcb2b55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)