FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

藤田賀久 『スタディーツアーガイド1 台湾へ行こう! 見えてくる日本と見えなかった台湾』(その2)

台湾人を「二等国民」扱いする風潮もあった中で、公平かつ平等な姿勢を貫いたのである。
 このような八田の態度を考えるとき、背後にあると思われるのは彼の恩師である広井勇(1862~1928年)である。札幌農学校に学び、熱心なキリスト教徒であった広井は、八田が学ぶ東京帝国大学で土木学の教鞭を執っていた。そして、学生に対しては「技術者は技術を通しての文明の基礎作りだけを考えよ」と常に教え込んだ。内村鑑三によると、広井は清い人であり、広井の学問は「自身を益せずして国家と社会と民衆とを益した」。立身出世を脇に置き、技術者として人々に貢献することを常に自らに課し、学生に考えさせた広井の教えは、国籍や身分を越えて人々の生活を改善させようとする八田の信念を形成したのではないかと思われるのである。(p.87-88)


興味深い指摘。東京帝国大学で八田が学んでいた時、広井とどの程度の交流があったのか、これをある程度調べなければ確かなことは言えないが、本書ではそのような点には踏み込まれていない。調べてみたい。



 2012年に転機が訪れた。再開発計画が立ち上がり、哈瑪星は更地にして駐車場とされることになった。すると市民の反対が起こり、哈瑪星が有する歴史的意義が発掘され始めた。そして打狗文史再興會社という団体が生まれ、地域の歴史を保存・研究し、その魅力を発信しはじめた。(p.113)


高雄の哈瑪星(ハマセン)エリアについての叙述だが、40年近く前の小樽運河保存運動と共通の構図が見えて興味深い。



また、2014年には台東まで電化区間が延伸された結果、JR九州885系電車がベースの「タロコ号(太魯閣号)」(TEMU1000形)や名古屋鉄道2000系電車の技術を採用した「プユマ号(普悠瑪号)」(TEMU2000形)などの最新特急が次々と登場しました。(p.129)


台湾新幹線が日本の新幹線の車両をベースにしたものだということはよく知られているが、タロコ号とプユマ号もそうだったとは知らなかった。ただ、これらの特急列車が比較的取りあげられる理由が分かった気がする。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1362-b2230671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)