FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

トマ・ピケティ 『格差と再分配 20世紀フランスの資本』(その1)

これから見ていくように、所得税とはおもに、高給与者が多い「中流階級」(分位P90-95)や「上位中流階級」(分位P95-99)ではなく、資本所得による超高所得者が分布している所得階層トップ百分位の上層に対して課税するための手段であった。(p.296)


しかし、現在の所得税は資産に対して軽い税率が適用される傾向にある。このため、十分に本来の機能を果たせていないと考えている。



限界税率の最高値が、私たちにとって長らくなじみ深いものになっている数十パーセントといった「現代的な」レベルに達するのは、第一次世界大戦以降なのである。(p.309)


所得税は導入された当初はそれ以前のいわば「伝統的」な税率であった(最高税率2%とか)。総力戦のために所得税が導入・拡大されたという面は否めない。



それに対して「限界税率」による税率表では、算出のしかたがより複雑なためにいろいろな誤解が生じ、多くの識者や納税者に、高所得層に実際に適用される税率をかなり過大評価させてしまうことがある。(p.333)


確かに。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1331-469d9837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)