FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

下村仁 『西洋館の履歴書~北海道~』(その1)

函館では明治14年頃から、清国との貿易が行き詰まるなど景気は低迷した。(p.44)



これは裏を返せば、函館も清との貿易が、それなりの重みをもっていたということでもある。



明治37年(1904年)2月、日露戦争が勃発し、北海道も一挙に緊張状態に陥る。特に函館では要塞地帯法により、ロシアと直接・間接関係ある者、ハリストス正教会の伝道者らが翌38年10月の解除まで退去させられた。(p.46)



日露戦争についてのこうした側面は、あまり語られることがない。



 時計台(演武場)付近に札幌農学校があった頃、これらの施設は、クラーク教頭らにより計画され、演武場よりも1年早く現在の北海道大学北8条キャンパスの本部北側(北10~11条西5丁目付近)に建てられ、その後、一部が現在の場所に移築され、あるいは新築されて今に残されているものである。(p.139)


現在北18条にある第二農場関連施設についての記述。この場所はモデルバーンの構造などとも関係があるというのは興味深かった。その点は次の引用文で説明される。



※このあたりは現地に立てばわかるが、構内を流れるかつてのサクシュコトニ川を底辺とする少し起伏のある地形で、「模範家畜房」が建てられた場所は本部建物の基礎高さより1階分ほど低い場所で、「乾草」を満載した荷馬車が直接2階の中央通路に入って荷を下ろすことが出来るように土手でスロープを、反対側には木橋で退出路を設け、複数の馬車が交差せずに通り抜ける一方通行構造となっていた。こうして2階に貯蔵された乾草は、床の「落し口」から1階の牛馬舎に落として給餌され、半地下は排泄物を溜めて蓄えて翌年の肥料用に、また根菜貯蔵庫、豚舎ともなっていた。(p.140)



2階に入口があるのは、このような地形と連動したものだった。



昭和19年(1944年) 戦時中の食糧事情の悪化により、大学構内が耕地化され、図書館前から「農業経済及び農政学教室」(現存せず)にかけての前庭はジャガイモやカボチャ、大根、白菜などの畑となった。(p.164)


大通公園などが畑にされたということはよく聞くが、北大キャンパスも同じような状況だったようだ。



9月、「東北帝国大学農科大学」が開学した。この時点では仙台に設置の決まった本家の東北帝国大学はまだ敷地もなければ校舎もなく、教官も職員もいない状態で、明治44年(1911年)1月の「東北帝国大学理科大学」設置まで待たなければならなかった。(p.170)


東北帝国大学が札幌農学校をベースに設置されたものであることがよく分かる。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1291-551edaf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)