FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

リチャード・セイラー、キャス・サンスティーン 『実践行動経済学 健康、富、幸福への聡明な選択』

民間企業や政府当局がある政策のほうがより良い結果を生みだすと考えている場合には、それをデフォルトに選べば結果に大きな影響を与えることができる。(p.21)


デフォルトの力は大きい。



人々の意図を測定すると、人々の振るまいに影響が及ぶのである。「単純測定効果」とは、なにをしようとしているのか質問されると、答えに沿った行動をとる可能性が高くなるという発見をいう。この効果は様々な文脈で認められる。ある特定の食品を食べるつもりであるか、ダイエットをするつもりであるか、運動するつもりであるかどうか質問されると、質問に対する答えが行動に影響を与える。単純測定効果はわれわれの言うところの「ナッジ」であり、民間部門や公的部門で使うことができる。
 選挙戦略の担当者は支持者を投票に行かせるようにしたい。どうすればそうできるのだろう。すぐに思い浮かぶ答えは、投票の大切さを強調することである。支持者が投票に行きやすくして、コストと負担を減らすという方法もある。しかし、もう一つ別の策がある。選挙の前日に投票するつもりかどうか質問すると、その人が投票に行く確率を25パーセントも高められるのだ!また、携帯電話や自動車など、特定の商品の新規購入を増やそうとしているとしよう。全米の代表的サンプルの4万人以上を対象とする調査で、対象者に簡単な質問をした。「今後6カ月以内に新車を買うつもりですか」。こう質問しただけで、購入率は35パーセント上昇した。今度は、当局者が人々が健康を増進する手だてをとるように促したいと考えているとしよう。健康に関連する行動については、人々の意向を測定することによって大きな変化が生まれている。次の週に何回デンタルフロスを使って歯の間を掃除するか質問すると、フロスを使う回数は増える。次の週に高脂肪の食品を食べるつもりかどうか質問すると、脂肪の多い食品を食べる量は減るのだ。(p.116-117)


この知見は結構応用範囲が広そうな気がする。仕事の使えそうな場面で使ってみたい。



 全体的に見ると、宣伝は幸せな夢より悪夢に近かったことがヘンリック・クロンクビストの研究によって明らかになっている(Cronqvist[2007])。ファンドの宣伝のうち、手数料など、合理的な投資家にとって問題になる特性について直接的に情報を提供していると判断できるものはごくわずかしかなかった。そして、ファンドは過去のリターンを喧伝していたが(リターンが高かったファンドの場合だが)、広告は決して将来のリターンが高くなることを保証するものではなかった。それでも、ファンドの宣伝は投資家のポートフォリオの選択に強い影響を与えた。期待リターンが低く(手数料が高い)、リスクが高い(株式の組み入れ比率が高く、アクティブ運用の比重が大きく、“ホット”なセクターの比率が高く、ホーム・バイアスが強い)ポートフォリオを選ぶように人々を誘導したのだ。(p.240)


この件を読んで心配になった(増大した)のが、日本の国民投票法では憲法改正の際の宣伝が、通常の国政選挙のような縛りのない中で行うことができるという点であった。宣伝(広告)は合理的な判断から遠ざからせ、悪い結果へ人々を導くとされているが、金があればいくらでも宣伝をすることができ、デマを事前に排除するような審査も十分ではないため、たとえデマを流しても、それがデマだったことが投票の後になってから明らかになるということが起きかねない。

安倍政権のように不都合な情報は隠蔽し、真実を知ろうとする質問をはぐらかし続け、政治を私物化し続けるような政権が長く続き、権力者が使う不誠実な論法(ご飯論法)が巷にあふれている状況が続いている昨今の日本においては、とりわけこうした制度設計がもたらす危険性は高いように思われる。(例えば、日大のアメフトの危険タックル指示問題に対する大学当局側の対応も――この対応が安倍政権と似ているとの妥当な指摘もあったようだが――、安倍政権の不誠実な対応を日常茶飯事として見せられ、そのような対応をしても政権側がまともに責任も問われないという状況を日々目にしていることと無関係とは言えないだろう)。



 こうした問題にアプローチするため、われわれの指針原則の一つに立ち戻ることにする。「透明性」である。この文脈では、ジョン・ロールズの言う「公知性の原則」を支持する(Rawls [1971])。最も単純な形の公知性の原則とは、政府が市民に対して正当性を公然と主張できないか、そうする意思のない政策を選択してはならないというものである。われわれは二つの理由からこの原則に好感をもっている。第一の理由は、実際的であることだ。政府が正当性を公然と主張できないような政策を導入すれば大きな困惑を呼び、政策やその根拠が開示されたりしたら大問題になるだろう(アブグレイブ刑務所にこの原則が適用されていたら、あのような残酷で品位を貶める行為は起こらなかっただろう)。第二の、そしてもっと重要な理由は「尊重」という概念に関係する。政府は統治する人々を尊重すべきであり、正当性を公然と主張できないような政策を導入するのは、統治する人々を尊重していないということだ。国民を操作の道具として扱っているのである。この意味では、公知性の原則はうそを禁じることに結びつく。うそをつく者は人々を目的ではなく、手段とみなしているのである。(p.357)


この件は安倍政権に対して最も欠けているものであり、私がこの政権を最悪の政権と評価する所以である。森友問題、加計問題、日報問題、裁量労働制を巡るデータの捏造など、いずれも公然と公表できないようなこと(政治の私物化)をしているからそれらの情報を隠蔽したり改竄したりごまかしの答弁で時間を稼いだりし続けているのは誰の目にも明らかだろう。

なお、安倍政権の国民を全く尊重しない対応というものは、こうした問題に限ったことではない。安倍政権は最初からごまかしばかりであり、論点ずらしの発言ばかりを続けているからである。例えば、「アベノミクス」などというのも、財政の悪化などを隠しながら(論点化させないように情報操作ないし印象操作しながら)行ってきたものであり、不都合な点を隠蔽しているからできているに過ぎない(政権が交代したり首相が代わった後になってから、この数年間で撒かれた問題が表面化してくるだろう)。

「公知性の原則」は再認識されるべき時を迎えていると思う。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1285-40191c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)