FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

札幌市教育委員会 編 『さっぽろ文庫33 屯田兵』

 前期屯田兵が農業の分野で、これもしたあれもやったと書きつらねた中で、やらなかったのは水稲栽培、すなわち米づくりである。これはアメリカ顧問団のアドバイスによるところが大きい。単に米を作らないというだけでなく、食生活のあり方から寒地での暮らし方、体力づくりまでを見通した米作否定指導だった。開拓使はこの考えに基づき当初は米づくりを屯田兵に認めなかった。隠れて作ろうとするものを罰したことさえある。札幌農学校系の役人が持ち続けた水稲否定論を打ちやぶったのは、明治25年道庁に着任した酒勾常明で、その後石狩、空知、上川に水田が広がるのもまた、屯田兵の力によるところが大きい。(p.78)


札幌農学校やお雇い外国人について言及されるとき、相対的にプラスの面ばかりが語られがちだが、こうした判断の誤りについてももっと率直に理解することが望ましい。北海道開拓を語るときアメリカの顧問団たちは先見の明があったものとして描かれるが、必ずしも彼らは必ずしも先見の明をもっていたわけではなく、彼らがその科学的・技術的な知識だけではなく慣習的・文化的な生活様式を踏襲しようとしたに過ぎないという面も否定できないのではないか。米作否定論などはその最も分かりやすいものではないだろうか。アメリカ顧問団には日本で江戸自体から行われてきたような形での米作の知識は乏しかっただろうし、それよりも小麦などの栽培の方が詳しかっただろう。彼らの立場から見れば、知らないことよりも知っていることを推進しようとする傾向が生じるのは当然の流れではないだろうか。



 この屯田兵の入植について重要なのは出身県が琴似兵村と同様に東北地方の人々だけに限られていることである。これは明治6年の屯田兵制度の施行を要請した建白書の中に、「……旧館藩及ビ青森酒田宮城等ノ士族ノ貧窮ナル者ニツキテ兵役ニ堪ユル者ヲ精選シ…家屋ヲ授ケ金穀ヲ支給シテ産業ヲ資ク」ことを明記している通りに実施したのである。この明記した各県の藩士は琴似兵村の屯田兵と同様に戊辰戦争で賊軍と言われた人々を指しているのである。これに対して屯田事務局を構成している幹部や中隊の将校下士は薩長出身かあるいはそれに関係のある人々によって占められていた。これが西南の役に関連が生じてくるのである。(p.140)


これは琴似兵村に次いでいち早く入植がはじまった山鼻兵村についての説明だが、ここに書かれていることから屯田兵というものがどのようなものだったのかよく分かる。戊辰戦争で賊軍とされた藩では減俸されたので授産が必要となる。様々な士族の授産がなされたが、その一つが屯田兵による新領土の防備・開拓だったというわけだ。そして、それを指揮するのは飽くまでも「官軍」の側であり、これは初期の北海道における政治行政が薩摩出身者によって支配されていたことと通じている。

本書ではこれに続いて西南の役に山鼻の屯田兵が出兵したことは、兵士たちにとっては戊辰戦争の際の親族たちへの弔い合戦という意味を持っていたのに対し、将校らにとっては親族同士の争いを意味していたことが指摘されている。このため、将校らは活躍しなかったが兵士たちが活躍した。それにもかかわらず戦後は薩長の将校らが評価されたため兵士たちは不満を抱くことになったという。明治初期の日本を見るとき、廃藩置県前の出身藩が持つ意味付けは無視できない



 私がかつて道内に点在している37の旧兵村を調査した結果、各兵村に屯田兵およびその子弟が残留しているのは10~20%しかないという事実を知った。その時私が考えた結論は開拓者―屯田兵は未開地を開墾し終わったとき目的を完了したと考え、再びフロンティア精神を燃え上がらせて新しい道へと向かって行ったということであった。(p.205)


後備役から解放された後、急速に離散したらしいことから見て、このような解釈は正しくないだろう。最適の条件ではないところに縛り付けられていたところから解放を求めたという程度のことだろう。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1257-39aa2a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)