アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

土方透 編著、K・アッハム、J・ヴァイス、姜尚中、荒川敏彦、細見和之 『現代社会におけるポスト合理性の問題 マックス・ヴェーバーが遺したもの』
細見和之

むしろ、私たちの時代においてはあらゆるカリスマを「偽りのカリスマ」として批判的に分析する視座こそが重要ではないだろうか。(p.118)


同感である。カリスマ的な強力なリーダーシップに頼りたいという風潮がここ10年以上蔓延している中では特に重要なことである。つい先日も小池百合子が危うくこうしたカリスマになりそうになったが、自身の言動(民進党を吸収する際の「排除」発言や実際の排除行為)によってカリスマを失った。このような分かりやすい失敗がなかった場合でも、いわゆる「踏絵」の内容やこれまでの都知事としての意思決定の仕方などから独裁的な志向が強いということくらいは見抜き、それが広く知られるような報道がなされることに期待したい。



荒川敏彦

他方で奥村宏は、「企業の社会的責任」論が流行するなかで、結局は利益のためのCSRと化している状況を批判する。(p.193)


同感である。



土方透

 結局、非合理性とは、それが合理的でないといわれる限りにおいて、合理性の枠から見た非合理性である。(p.224)


非合理性ということは常に合理性の側から見られたものだという指摘は興味深い。



土方透

よくいわれるように、核が多元的であるか、複数のコンテクストを有しているか、あるいは「大きな物語」が終焉したかは、すなわちそれによって近代が終焉したという指摘は、この脈絡では意味をなさない。なぜならば、単一性に対して多元性を主張する主張そのものは唯一的であり(つまり多元主義は一つの主義であり)、コンテクストの複数性の指摘そのものは単数であり、大きな物語の終焉は、そのテーゼそのものが「大きな物語」だからである。そうした近代に対する評価は、その評価そのものが、その評価を成り立たせた指摘を免れているというやり方で可能になっている。つまり、それらがまだ自己言及的な論理のなかに措かれていない。逆にそこに措かせることで、これらをすべてこれまで述べてきた近代の内に回収することができる。(p.240)


多元主義は一つの主義であり、コンテクストの複数性の指摘は単数であり、「大きな物語」の終焉は大きな物語であるという指摘は興味深い。



土方透

あるいは、それを「客観」を超え出て「客観」というプロセスとして記述するのであれば、後述するように、もっとラディカルに(区別の区別として)展開することが可能であろう。(p.244)


客観性という難しい問題を考えるとき、それを「客観性」と捉えるのではなく、「客観化のプロセス」と記述するというのは、客観性という問題を考える際に非常に重要なポイントであると思われる。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1237-06c3303b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)