アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

井上勇一 『鉄道ゲージが変えた現代史 列車は国家権力を乗せて走る』

 アメリカの満州鉄道にたいする関心は、ユニオン・パシフィック鉄道会社のハリマンが世界一周鉄道計画の一環として南満州諸鉄道の日米共同経営を提案してきたことに現れているように、日露戦争以後になって強まってくる。それは米西戦争によってフィリピンを領有することに成功したアメリカが、中国大陸への関心を徐々に深めていったことと無関係ではない。(p.172)


なるほど。ここでは具体的な説明はあまりなかったが、アメリカの帝国主義的な傾向へのシフトがどのような経路をたどって形成されたかということはよく知りたいところである。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zarathustra.blog55.fc2.com/tb.php/1136-3aab1cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)