アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

片倉佳史 『台湾に残る日本鉄道遺産 今も息づく日本統治時代の遺構』

 どっしりとした風格をまとった扇形車庫だが、1994年には一度、取り壊しの計画が立てられた。蒸気機関車の仕様に合わせて造られた車庫は時代にそぐわないというのが理由だった。しかし、この時、文化財の保護を訴える声が各地で上がり、熱心な請願運動が起こった。
 その結果、2000年10月25日に彰化県が指定する文化財となり、保存対象となった。……(中略)……。
 2000年頃から、台湾ではこのような歴史的建造物の保存運動が急速に活発化している。周知のように、台湾は17世紀のオランダ統治時代に始まり、鄭成功による鄭氏政権時代、清国統治時代、日本統治時代、そして中華民国の国民党政権時代と、長らく外来政権の統治下に置かれてきた。為政者たちは常に自らの施政を正当化することに腐心し、人々はそれに隷属することを強いられた。
 それが1990年代から始まった民主化で大きな変化が生まれた。人々は言論の自由を得て、押さえつけられてきた郷土意識が一気に高揚した。古蹟保存ブームや郷土史跡探訪ブームは、こういった時期に一致して高まったものである。(p.18-20)


台湾の歴史的建造物や史蹟の保存運動は、新しい動きではあるが、かなりうまくいっているという印象を受ける。このあたりの理由などについてももっと詳しく知りたいところ。



彰化の扇形車庫についても、鉄道博物館として整備することが計画されており、整備が待たれている。台湾では苗栗(ミャオリー)駅の構内に旧来の車両を静態保存する鉄道公園があるが、本格的な博物館の設立はここが初めてである。(p.24)


彰化の機関車庫も見てみたいが、鉄道博物館も行ってみたい。



日本統治時代のターミナル建築は等しく左右が対称となっており、これが一種のスタイルとなっていたが、戦後に台湾へやってきた中華民国の建築士たちは、そういった美学を持たなかったのである。(p.87)


左右対称であることは、鉄筋コンクリート造が普及したころの公共建築に共通していると思われる。



 直方体の箱を組み合わせたようなデザインのこの駅舎は、ほぼ同時期に完成している台南駅舎(1936年)に雰囲気が似ている。そして、日本国内では上野駅舎(1932年)にも通じるデザインだ。これらはすべて同時代に竣工したターミナル建築で、海外に目を向ければ、中国の大連駅舎(1937年)なども挙げられる。昭和初期に多くみられた駅舎建築だった。(p.101)


嘉義駅についての記述。同時代の同じような形式の駅舎としては、小樽駅を挙げられる。

なお、嘉義駅の工事監督者は台南駅や台北鉄道工場の設計者でもある宇敷赳夫だということも本書p100に記載がある。



 この駅のみならず、台湾の木造駅舎は、いずれも駅舎に扉がないという共通点を持っている。そして、直射日光を避けるため、必ず大きな庇を持っている。これは南国仕様ともいうべきもので、木造駅舎に限らず、コンクリート造りの駅舎にも見られる。(p.139)


こうした風土に合わせたデザインは興味深い。



 台湾における駅舎建築は、閩南式の日干し煉瓦造りに始まり、日本式木造家屋、耐火煉瓦造り、そして鉄骨鉄筋コンクリート構造と発展していった。(p.155)


日本式木造家屋の駅舎は、「日本式」とは言っても日本本土にはない南国仕様のスタイルで、建造された期間も短かったが、同じような設計図に基づいて量産されたもののいくつかが残っているという。本書を手がかりに見に行きたい。



 この石碑は鉄道部職員だった村上彰一を記念したものである。日本の鉄道黎明期に活躍した人物で、1878年に北海道の開拓使に入庁して幌内鉄道の運営に関わり、日本鉄道会社に入社後は、若くして上野駅長に就いている。主に、貨物輸送の重要性を説いたことで知られている。
 村上は1901(明治34)年に台湾へ渡り、縦貫鉄道の建設に関わったほか、基隆港や打狗(後の高雄)港の水陸連絡設備などの設計を担っている。(p.225)


北海道開拓と台湾統治の関連性や類似性などに関心がある私にとっては非常に興味深かったところ。石碑に記載された村上氏の略伝の記述も非常に興味深かった。

松本荘一郎氏に随い北海道開拓使の一行に加はり鐡道の事にあつかる
……(中略)……。
後藤新平伯の下に南満州鐡道及ひ國有鐡道の枢機に参与し又
平井晴二郎氏に随ふて北京に入り支那の交通事業に参画す(p.226)



本書に記載はないが、ウェブで調べた限りでは、村上は幌内鉄道では手宮駅や札幌駅の駅長を務めたという。手宮も高雄や基隆と同じく鉄道と港湾を接続するところであったから、水陸連絡設備の設計にも参考にしたところがあったとした興味深い。

松本荘一郎や平井晴二郎は幌内鉄道の建設などに深く関わりのある人物であり、平井の設計した手宮の機関車庫は重要文化財として現存している。明治期から昭和初期の技術官僚の人的ネットワークには非常に興味を惹かれる。


スポンサーサイト
仲正昌樹 『マックス・ウェーバーを読む』(その2)

 私たちは日々様々な場面、テーマについて「価値判断」をしているが、それがどのような「価値規準」に基づいているのかはっきりと意識していないことの方が多い。事実についての認識と「価値判断」が漠然と一体になっていて、いつのまにか“判断”している。そのため、他者との意見の食い違いが、事実認識のズレによるのか、拠って立つ価値の違いかが判然としない。
 「価値規準」の違いではなく、事実誤認だと思うと、相手が愚かに見え、“教えさとし”たくなる。しかし、実際に、上から目線で相手を教えさとそうとすれば、相手の怒りを買い、余計に話が通じなくなる。事実の問題と、「価値規準」の問題を分けて考えることは、生産的な知的対話の大前提である。因みに、2010年に日本でもブームになった政治哲学者マイケル・サンデル(1953~)による「ハーバード白熱教室」は、中絶、徴兵、臓器売買など、具体的な問題に対する意見表明を通して、討論者に自らの拠って立つ「価値規準」を明示させ、それを政治哲学の既存の学説と関係付けることを特徴としていた――日本のサンデル・ファンにはその肝心な処を理解せず、彼の司会力にだけ魅了されてしまう人が多かった。
 そう考えると、事実の部分と、自らの「価値判断」を、はっきり分けて書くというのは、決着しようのない、不毛な“論争”を避けるための大前提である。大学入学時の基礎教育の中で学ぶべきことである。しかし、日本の“一般向け人文書”やジャーナリズムの文章には、そうなっていないものが極めて多い。(p.142-143)


文章を書くにあたり、事実と価値判断を分けて書くべきだということは、まさに私もウェーバーから学んだこと一つであり、後輩の学生たちにもかつて何度も指摘してきたことであった。

しかし、これも万能ではない。何をもって事実として認識するかは、その人の価値判断だけでなく背景にもっている広い意味での「理論」によって決められる部分があり、そうした広義の「理論」は、その人の原体験的な経験や深い感情的な起動力によってどのような「理論」を前提するかがかなりの程度制約されてくるからである。

現在国会で審議されている安保関連法案の議論などで言うと、どのような「脅威」が存在すると認識するかという事実認識は、未だ顕在化していないものを見ようとするが故に、こうした背景理論の相違が明確に現れることとなり、賛成派と反対派の議論がかみ合わない要因の一つとなっている。(もっとも、その最大の原因は政府側がまともに議論をするとボロが出るということをはっきり認識した上で、まともに議論をせず、単に別件を表の争点として出し、少数の得票で大量の議席を得たことに基づく力によって、論理や正義を欠いたまま「力による現状変更」(!)を試みようという暴挙に出ているということにある。)

事実が既に存在しており、容易に感覚により知覚できるものであれば、そうした「事実」による意見の相違も起こりにくいが、そもそも「事実」が認識する側の認識枠組みによって規定されてしまうような問題に関しては、単に事実と価値規準の峻別だけでは十分ではない。しかし、この峻別によって問題が整理しやすくなるのは確かであり、必要なことである。

筆者は事実と価値判断の峻別を大学入学時の基礎教育の中で学ぶべきだとするが、私もそれには同意見である。しかし、そうしたトレーニングを学部や教養課程的なところで十分に施されるような仕組みにはなっていないのが問題であり、実際には卒業論文(や修士論文)を書く時点くらいで、こうしたことの必要性が学生側に認識される「ことがある」という程度にすぎない。

政府は国立大学の文系学部を縮小しようとしているが、これはむしろこうした現状を大きく悪化させるものであると言わなければならない。



また近年は、『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を、社会科学共通の古典として強く推奨する大学教員は激減している。私は17年近く大学教員をしているが、ウェーバーを――部分的でもいいから――自分で読んだという学部生に出会ったことはない。「ウェーバー」は、ウェーバー専門家のための古典となりつつある。(p.241-242)


確かに指摘の通りであると思う。私も学部生で、自らウェーバーを曲がりなりにも読んだという学生には、私自身を除いて出会ったことがない。確かに「プロ倫」やウェーバーの宗教社会学が提示するような近代資本主義の成立にあたって宗教的な倫理が積極的な役割を果たし、それが地域ごとの違いの要因となっているという説はすでに廃れていると言ってよい。しかし、ウェーバーの議論の運び方などにはやはり非常に参考になる見方が散りばめられており、社会科学の古典として読み継がれるだけの価値はまだ残っている。これを「ウェーバー専門家のための古典」にとどめておくのはもったいないことであり、こうした初学者向きの入門書が出版されたことは望ましいことと考える。