アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

吉川晃司 『愚 日本一心』

 近道ばかりを選んでいると、楽をすることを覚えてしまって、自分の本道に戻れなくなってしまう。遠回りをしている間にスキルアップしていたりする。言い換えると、地道な積み重ねが大切だということだ。(p.54)


「狭き門より入れ」とは聖書などにもある箴言だが、その理由については直観的に理解できるものの、どうしてそうなのかは私の感覚からは瞬時には了解できないところがある。

しかし、遠回りをしている間にスキルアップしていることもあるというのは、確かにそうかもしれないと思える。近道や安易な道を行くと、楽に慣れることによって、周囲に対する要求が増えることにもつながるように思う。周囲に対して要求すればするほど不満が高まるというのが人間というもの。要求せずに我が道をゆく、時には人に与えるという姿勢を持ちたいものである。




老いを感じ始め、死が近づいてきているとわかってくると、いろんなものが愛おしくなってくる。

 ガキの頃、じいさんばあさんが花を愛でるとか、木を愛でるとか、土いじりをするのって理解できなかったが、今はその気持ちがよくわかるようになってきた。道を歩いてても、道端で目に付いた花の名前を覚えようとしてる自分がいる。
 そうすると、季節の変わり目にも敏感になる。(p.189-190)


なるほど。

年をとった人が盆栽などをするというのも、同じような感覚だろう。年をとって畑仕事をするようになるのも、こういうことなのだろう。


スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

片倉佳史 『台灣風景印 台湾・駅スタンプと風景印の旅』

 続いて、景勝地と観光スポットである。ここには温泉や史蹟といった類も含まれている。ただし、これらが図案の主題になることは少なく、脇のほうに添えられるという程度の扱いが多い。もちろん、これは時期によっても変化はあり、旅行ブームが定着した1935(昭和10)年前後のスタンプでは、こういったものを中心に置いた図案が見られるようになってくる。

 さらに、伝統工芸や特産品も取り上げられている。特産品は南国らしさを強調するためか、フルーツが取り上げられることが多かった。パイナップルやパパイヤ、バナナのほか、レンブやザボンなどが複数の図案で見られる。中には外枠がそのままフルーツの形になっているスタンプもある。また、地場産業も少なくない。これは平鎮の茶、苑裡の帽子などが挙げられる。

 以上に対し、取り上げられることが少なかったのは、風俗や伝統行事である。これは統治者が土着の文化をあえて避けたという推測ができる。全体として、戦前のスタンプは新領土である台湾の発展が強調されている。これは鉄道が台湾総督府の直営事業であり、スタンプも統治者の観点で扱われていたことを意味している。(p.9-10)


これはスタンプによく用いられた図案を類型化して説明している件の一部である。

旅行ブームが昭和10年頃にあったというのは、当時の交通や文化交流や物流などを考える上で重要なトピック。

フルーツなどの図柄が用いられるというのは、台湾大学の建築などの装飾でも見たことがあり、スタンプに限らない傾向と思われ興味深い。

楽しげなスタンプですら統治者の観点で扱われていたという指摘も様々な図像を分析する際の一つの視点として持っておきたいものの一つである。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌