アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

桑原真人、川上淳 『北海道の歴史がわかる本 石器時代から近・現代までイッキ読み!』

 江戸時代の諸藩は、コメの生産量を示す石高を幕府によって割り振られ、数万石の大名として幕藩体制の一翼を担っていた。しかし、近世以前の北海道ではコメを栽培していなかったため、成立当初の松前藩は、蝦夷地のアイヌとの交易による利益で藩財政を支えた。それが、やがて交易から商人による漁業経営へと移行していく。この松前藩や蝦夷地だけに特有な交易や漁業経営の方法が、後述する商場知行制と場所請負制度の2つの制度なのである。
 当時の松前藩は、徳川家康の黒印状によって、蝦夷地でのアイヌとの交易独占権を承認されていた。……(中略)……。また、松前城下付近では、アイヌと和人が雑居する状態だったと考えられており、松前藩の藩域もまだ明確にはなっていなかった。
 しかし、幕府巡見使が1633(寛永10)年に松前を初めて監視し、松前藩は藩の領域を明確にする必要にせまられる。そこで、和人地と蝦夷地を分けることになり、和人地には和人を、蝦夷地にはアイヌを分離する政策に転じた。こうした過程で作り出されたのが、「商場知行制」だと考えられている。
 商場知行制とは、松前藩主が上級家臣に一定地域を知行(他藩では藩主から家臣へ与えられた所領などを言うが、松前藩では商場での交易権)として与え、そこで上がったアイヌ交易の収益を家臣の収入とする仕組みのことだ。(p.87-88)


江戸時代の北海道の政治や経済を見ていくにあたって、この2つの制度についての知識を持っておくことは非常に重要である。



 幕府の宗教統制により、江戸時代はキリスト教禁令とともに、新しい寺の建立も禁止されていた。その幕府の手により1804(文化元)年、蝦夷地に設置されたのが、前出の厚岸町「国泰寺」と、様似町「等澍院」、伊達市有珠「善光寺」の3寺院である。檀家のいない、幕府より提供されるコメや資金などで運営する官寺(幕府の監督下におかれ、経済的な保障を受けた寺院)だったことから、「蝦夷三官寺」と総称された。しかし、和人がほとんど住んでいない蝦夷地に、自ら発した禁令を破ってまでして、幕府はなぜ寺院を建立したのだろうか。「ロシアへの対抗策だった幕府による蝦夷地直轄化」(98ページ)でも述べたように、当時の幕府は蝦夷地におけるロシアの接近やアイヌの蜂起に危機感を持っていた。北千島にはロシアによってキリスト教が広められていたため、幕府は蝦夷地に仏教を浸透させようと考えたのだ。(p.154-155)


宗教と関連する現象は政治との関係で捉えると、非常に合理的に理解することが可能な場合が多い。(なぜならば、宗教現象は政治現象だからである。)これもその事例である。



 樺戸集治監は食糧品や外役用の衣類、工具など多くの物資を購入したので、その購買力をあてにして、石狩川沿いの監獄波止場と集治監を結ぶ道路沿いに市街地が発達した。(p.223)


現在の月形町の市街地がこの地区にあたる。刑務所の需要が供給を呼び、労働が可能になると人が集まり、人が集まるとさらに需要が生まれるという循環が見て取れる。



 岩村がこのような開拓政策の転換を明らかにしたとき、そのあり方を巡って大きくふたつの考え方があった。ひとつは移民政策において、屯田兵のような保護移民制度の強化を求める立場であり、これに対立するのが、保護政策の間接化と資本への自由開放という立場である。そして、この問題にリンクする開拓の方向も、近世以来の主要産業である漁業の発展によって沿岸開発を目指そうとする意見と、開拓使によって行われてきた移民の移植を進め、内陸の農業開発を目指そうとする意見が交差していた(『新北海道史第4巻通説3)。(p.231)


北海道の開発政策を見ていくにあたって、「漁業と結びついた沿岸の開発」と「農業と結びついた内陸の開発」との対比は参考になる。実際には両方とも必要ということに落ち着くと思われる。



 ただし、ここで注意しておきたいのは、道民に対して与えられた様々な「恩典」こそ、道民が政治上の無権利状態に置かれていた裏返しであることだ。
 1889(明治22)年2月に「大日本帝国憲法」が発布され、翌年11月には第一議会が開会するが、北海道と沖縄県からは衆議院議員を送り込めず、いわば明治憲法体制外の地域であった。
 北海道から衆議院議員が選出されたのは1902(明治35)年のことである。地域住民の政治的権利において、北海道は内地府県と約10年の格差があった。(p.241)



現在ではちょっと想像できないが、わずか100年ほど前にはこうした状態だった。



スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

モンテスキュー 『ペルシア人の手紙』

 好んで、自分を教育するものは、決して、閑人ではありません。私は、何も大切な仕事を背負ってはいないが、しかし、断えず忙しくしています。じっくり物を観て、日を過ごす。晩には、その日に私の見たこと、聞いたことを、書き留めます。物みな心を惹き、物みな心を打つのです。まるで子供のようで、五官がまだかよわく、物の数に入らぬ物にも、ひどく感じます。(上p.125)


おおむね同意見である。本書にはしばしばこうした処世訓的なニュアンスの記述が出てくるが、割と的を射ているものが多いように思う。



 フランス人の十中八九まで、熱望しているのは才気(エスプリ)をもちたいということであって、才気をもちたいと思うものが夢中になっているのは、本を出すことなのだ。
 ところが、これほど間違った考えはない。それというのも、人間の馬鹿げた所作も、すべて一時の幻であるように、ちゃんと自然にうまくできているのに、本などというものは、それを永遠不滅のものにしてしまうからである。ひとりの阿保が一緒に暮らしているすべての連中を、くたびれさせただけで満足すべきであろうに、さらに進んで、これから生まれる人間どもまで悩まそうと考えるのだ。自分の阿保ぶりを絶対に忘れさせまいと努力する。忘れるということは、墓と同じように、有難く頂戴すべきものなのだ。然るに阿保は後世のものに自分が生きていたことと、自分が阿保だということを永久に覚えさせようと思っているのだ。(上p.173-174)


なかなか辛辣な警句。

ただ、たとえある本を書いた者が「阿保」であり、それが後世まで笑い種になるとしても、それが批判の対象としてであっても有用なものなのであれば、無意味とは言えないし、例えば、学問の世界などでは書かれてきたもののほとんどは、ある意味では間違っているにも関わらず、それらが間違っているという理由で書かれなかったとすれば、学問の展開もなかったということになってしまう。その意味で、この警句は全面的に支持されるべきものではない。

むしろ、人が気付きにくい一面に光を当てており、「才気」を持ちたいと思っている人たちに対しての一種の自戒の念を持たせるための警告を発しているものと言えるのではないか。



 正しい戦争には二つの種類がある。ひとつは攻撃を加えて来た敵を防ぎ押し返す時、もうひとつは攻撃されている同盟国を援ける戦である。(下p.61)


個別的な自衛のための戦争と集団的な自衛のための戦争は正当な戦争であるとモンテスキューは言っているようだ。(手紙はユスベクが出したものとされているが。)

こうした問題については、今世紀に入ってから何度か突きつけられたが、18世紀にも既にこうした問題意識を持つ人はいたということか。



 ユスベク君、虚栄心なるものは生きて行くのに必要な範囲よりも大きいと不幸を招くね。そういう人間は、ひとに誉められようと焦るので、ひとに嫌われる。何とかしてひとを見下そうとする。しかもひとと肩をならべることすらできない。
 謙虚なひとびとよ、私はあなたがたを抱擁しよう。あなた方こそ人生の和やかさや楽しみをかもし出すものだ。(下p.199)


妥当な処世訓。



 十八世紀の初頭からフランスの読書界はアジア本が流行児となっていた。ベルニエ、シァルダン、タヴェルニエなどのペルシアその他、東邦各地の旅行記、ギァランの「千一夜物語」が喜ばれ、殊にデュ・フレスネイのシァム人物語が大いにもてはやされていたが、若いモンテスキューは特にフレスネイの作品に倣って、ペルシアの二紳士の手紙に託して奔放な社会・政治・経済批判を試みたのである。(下p.223-224)



訳者解説より。

美術などの世界でもシノワズリが流行したのは17世紀半ばから18世紀半ばであるから、読書界の動向とも一致していることがわかる。



ランソンの云うように、宗教の本質を知らぬモンテスキューは随所に錯誤を冒し、キリスト教並びにイスラム教に対する無智を暴露しているが、それゆえにまた本書を歓迎した十八世紀初頭のフランス社会思想の在り方を明かに示す資料となっている。(下p.224-225)



なるほど。



菊池理夫 『日本を甦らせる政治思想 現代コミュニタリアニズム入門』

 これに対しても、リベラルやリバタリアンは特定のコミュニティや特定の国家の価値を子供に押しつけるものであると批判するかもしれません。しかし、政治に対する価値中立性と同様に、教育に対する価値中立性も、結局は官僚主義あるいは市場主義のように、エリートや富裕層にとっての有利な価値を教える結果にしかなりません
 これに比べて、むしろ「共通善」を明示して教えることは、逆に現在の「共通善」に対する問題点も考え、高学年になって疑問視する考えも育っていくと思います。(p.119)


現代コミュニタリアニズムからのリベラルやリバタリアンへの批判の一つ。リベラルやリバタリアンが擁護しようとする価値中立性は、現実にはエリート主義的で保守的な機能を果たす点を指摘している。

これに対し、現代コミュニタリアニズムでは共通善を明示して教えることで、教育内容に対する自覚的な反省が促される点を指摘している。

ウェーバーの価値自由の考え方に影響を受けたことがある私としては、筆者が言う現代コミュニタリアンの主張の方が、筆者が言うリベラルやリバタリアンの価値中立性よりもウェーバーの価値自由に近いということにやや驚きを感じたところである。



つまり、読解力の低下とは、「社会とつながり」を失った若者が増えていることを意味しています。(p.122)


なるほど。書き言葉によるコミュニケ―ションと話す言葉によるコミュニケーションとは違いはあるにせよ、興味深い指摘ではある。



 しかし、現在でもこのような伝統的な「村落共同体」のコミュニティ活動や、都市においても、それを受け継ぐものといわれる「町内会・自治会」は、もっぱら個人の自由や権利を侵害し、他者を受け入れない閉鎖的なものであるとする社会科学者が多いようです。
 ……(中略)……。ただ、否定的な側面だけを指摘していくかぎり、リベラルや近代主義者が理想とする欧米のような市民社会は日本に成立しないと、いつまでたっても、日本社会への批判を繰り返すしかありません。
 そのような批判には、民衆の作り出した組織への「知識人」としてのかなりの偏見が含まれているのではないでしょうか。また、彼らが理想とする「市民」というものも、むしろ「都会の市民」という差別的なものではないのでしょうか。(p.135)


近代化論などが描き出してきて「日本社会」批判のパターンに対する批判として的を射ている。欧米にあるはずのものが日本にはないと批判するだけでは、いつまでたってもワンパターンな批判にしかならず、将来への展望は見えない。



多くのリベラルや左派は「草の根民主主義」という「ポピュリズム」を批判し、愛国主義を否定し、共通善(公共の福祉)を重視していません。
 郵政民営化選挙の自民党の圧勝をポピュリズムの勝利とか「共通善」の実現として否定的にとらえている政治学者が私の周りにもかなりいます。私もあの自民党の勝利は「熟議民主主義」による勝利とは思わず、その点ではその結果は「共通善」ではないと思います。
 しかし、このことから「共通善」とは「多数者の専制」であるとして批判するのは間違っています。批判すべきなのは、その結果が本当に国民全体のためのものであり、一部のためのものではないか、つまり本当の「共通善」であるかという点です。
 さらに、議会制民主主義において政治の目的とする共通善は、永遠に変わらないものではありません。選挙の結果、別の政党が多数派になれば、当然それは変化します。議会制民主主義は、選挙の結果、政権が交代して、ヴィジョンやそれに基づく政策は変わりうるというルールを明確化している点で優れた制度であることをむしろ確認すべきです。(p.188-189)


リベラルや左派に対する指摘は妥当である。また、政策の妥当性を批判する際には、それが共通善であるか否かであるという現代コミュニタリアニズムの主張には傾聴に値するものが含まれている。

私は以前、「民意」とは何かという疑問を持ち、それについて考究してみたいと考えていた時期があったが、その問題と共通する問題が「共通善」の考え方に含まれていることが明確になった点でこの箇所は有益だった。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

谷口祥子 『口ベタでもうまくいく! ほめ方の極意』

 人に好奇心を向けることで、その人の魅力や長所が目にとまります。そうすることで自然に相手に対する憧れや尊敬の気持ちが生まれ、鏡のように相手もそんな私に好意を持ってくれたのでしょう。(p.17-18)


人が関心をもつ対象について、私は「人」「事柄」「モノ」と分類すると分かりやすいと考えており、人によってこれらのうちどの領域に対して関心をもちやすいかという傾向が異なると考えており、人に対する関心が高い人はコミュニケーションスキルも高い傾向があると思っている。事柄やモノに関心が高い人は意識的に「人」に関心を持つようにすることが良好な関係を築く上でカギになると考えている。



 また、その朝礼が話題になり大勢の見学者が訪れるという居酒屋「てっぺん」のある店舗では、営業終了後に「ほめ訓練」を実施。スタッフがお互いのいいところをほめ合うそうです。店長によると、「やっていくうちに照れくささはなくなり、当たり前にほめられるようになります。ほめ訓練をすると、人のいいところを見る力がつきます。結束力が高まるし、プラスの空気が充満しそれがお客様にも伝わっています」と、訓練の効果を実感しているそうです(『日経ビジネスアソシエ』2007年9月18日号より)。上司が部下をほめるだけでなく、このように組織の中で全員がお互いにほめ合う習慣を身につける。そうすることで、お互いのいいところを伸ばし合い、信頼関係を深め、組織を活性化することができるのです。それはさらに、顧客に対してもよい印象を与えることにつながります。つまり「ほめる習慣」を定着させることは、組織の発展をもたらすのです。(p.28)


参考になる。



人をほめることによって、相手を喜ばせるだけではなく、自分の脳を喜ばせることができ、さらに人とのコミュニケーションをスムーズにすることもできる」(p.29-30)


人をほめることは自分にもプラスの効果がある。



 私は「ほめる」ことを「あなたを認めている、ということを伝えるアクション」であると定義しています。つまり「素晴らしいですね」「すごいですね」といったダイレクトなほめ言葉だけでなく、「感情」や「ねぎらい」、そして相手に対する「尊敬」や「愛情」を伝えることも含めたコミュニケーションです。(p.31)


本書の根本的なスタンスを表明している箇所の一つと言える。この意味での「ほめる」という行為をすることの重要性やその方法を書いている。実践していくことで生活に役立たせたいものだ。



 私たちが一番心打たれるのは、自分の存在そのものが認められたときです。……(中略)……。ですから、相手のことを大切に思っているということを伝え、強い信頼関係をつくりたいのであれば、「生まれてきてくれて、ありがとう」「あなたに出会えてうれしい」というような「相手の存在そのもの」を認めるほめ方、そして「あなたの仕事に対するこだわりに惚れ込みました」「あなたの、部下に対する大きな愛を感じました」というような「信念」や「価値観」、「あり方」をほめるのが効果的なのです。(p.35)


極めて重要な指摘。



 こんなふうに、人望のあるリーダーに共通するのは「具体的によく観察している」ということです。(p.142)


これは自分の経験上もよくわかる。



攻撃するということは、相手を負かして優位に立ちたいということ。要は人から認められたいのです。
 そこで、そういう人をおとなしくさせるには、そのぶしつけな態度を大目に見て、相手を認めてあげるというのがベストな対応。その寛容な態度が相手の心を開くのです。「この人、オレのことを認めてくれている。もう強がる必要はない」と鎧を脱ぐわけです。(p.191)


なるほど。納得させられる。本書にはこうした様々な対人関係上の知恵がちりばめられており、非常に参考になる。



 グチや文句の多い人には、「認めてほしい」「ねぎらってほしい」という強い願望があります。そこで、その人の話す内容に同調するのではなくそんなグチや文句をいいたくなるような環境の中でもがんばっていることに焦点を当て、その人の存在や行動を認めてあげるとよいのです。(p.202)


ここにも様々な知恵が含まれており、参考になる。