FC2ブログ
アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

明橋大二 『忙しいパパのための 子育てハッピーアドバイス』

父親の立場に立てば、子どもが生まれるまで、父親は、育児について、ほとんど教育を受ける機会がない、という現実があります。(p.3)


なるほど。確かに言われてみればその通りではある。ただ、自分自身を形成(Bildung)していく上での自己教育の過程を援用すれば、ある程度の対応は自ずとできる、というのが私見である。

とはいえ、こうした反省と作動との相互媒介的な作用を意識的に行っている人は少なく、それまでに受けている教育水準も相対的に高い(低くない)ことと相関があるため、全ての人にこれを求めることは出来ない。社会としては、何らかの対策があった方がよさそうな問題ではある。



 しつけも大事、勉強も大事、しかし、いちばん大切なものは、自己評価(自己肯定感、自尊感情)といわれるものを、育むことです。
 ……(中略)……。
 この気持ちがしっかり育まれていないと、しつけやルールがうまく身につかなかったり、勉強に集中できなかったり、あるいは、外見的には、ちゃんとやっているようでも、本人はとても強い不安や緊張の中で過ごしていて、それが、大きくなるにつれて、心身症や非行という形で出てくることがあります。
 この自己評価ですが、実は、お父さんの育児行動によって差が出てくる、という調査結果があります。(p.23)


自己肯定感を育むことが重要であるということは当然のことだが、父親の育児行為によって差が出るという点は興味深い。母親だけでなく、複数の人間からの強い持続的な承認があることが重要なのではなかろうか?



 改める、と言っているのに、「どうせするはずがない」と否定されると、改めようと思った気持ちもしぼんでしまいます。
 いったんは信用して、「じゃあ、お願いね」と言われるほうが、やる気が出ます。

 ……(中略)……。
 言われても改めないことが続くと信用を失うのは、職場も家庭も同じです。(p.97)


確かに。ただ、「改める」と言いながらも、結局は改まらないことが続き、いったん信用を失ってしまった後に、また「改める」と口先で言われれた場合、「じゃあ、お願いね」と言えるだろうか?また、言うべきだろうか?

このようになった場合、「じゃあ、お願いね」と言って様子を見れば、改まらないことが続くだけとなり、また、「改める」と言ったことに対して否定すれば、ますます発言者側にやる気がなくなる、という悪循環に入りやすいと思われる。このような状態になった場合、どうすればいいのだろうか?本人の自覚を促すこと(改めないことがいかに問題かということを自覚させること)が、改善のためのポイントではないかと思うのだが、自己認識の力がない人にはこうした認知を変えるというやり方はあまりうまくいかないことがあるようにも思う。個人をシステムとして作動させるのではなく、共同体を単位としてシステムを作動させる(例えば、一緒に行動してやる気を補助しながら行わせるなど)という手はあるかも知れない。いずれにしても、一度信用を失った後は、そして、改まらないことが習慣となってしまった後は、修復はかなり困難な仕事になることは間違いない。

子育てにおいては、物事をやるには時期がある。このことを踏まえて、しつけなり勉強に対する態度なりといったものを身につけるべき時期に身につけられるように導いていくことが重要であると思う。



 確かに、叱りすぎは、子どもの自己評価をよけいに下げるので、よくないです。しかし、まったく叱らないのがよいか、というと、そうは思いません。子どもが自分を傷つける可能性のあること、他人を傷つける可能性のあることは、きちっと叱るべきです(傷つける、とは、身体的、心理的、社会的、すべてを含みます)。
 そういうときに、叱らないのも、また子どもの自己評価を下げます。
 ……(中略)……。
 こういうときに真剣に叱ることは、「おまえは大切な存在なんだよ」と伝えることになります(p.117-119)


この部分は本書で最も参考になったところ。自分を含めた誰かを「身体的、心理的、社会的」に「傷つける可能性」がある場合に叱ることは、その子に「大切な存在である」ということを伝えることとなり、自己評価に繋がる、ということ。



 体罰でなくてもしつけは可能です。
 ……(中略)……「タイムアウト*」など、体罰に頼らないペナルティの方法が、いろいろと開発されてきています。

*警告しても許しがたい行動を続けたとき、決まった時間(一般には年齢と同じ時間。3歳なら3分)だけ、決まった場所にいさせること(p.131)


体罰に頼らないペナルティの方法を多様に持っているという知恵ないし知識は重要。この点でも親の教育・教養の程度が育児のあり方を左右すると思われる。



 父親が、不在がちだと、母親は孤独を感じ、不安になります。
 それが、育児不安という形をとることもありますが、もう一つ、母親の、子どもへの依存という形をとることもあります。
 子どもが、母親の寂しさや不安を埋める手段になるのです。特に、男の子の場合は、異性ということもあって、その結びつきは、さらに強いものになります
 ……(中略)……。
 そうすると、子どもは、何よりも親を傷つけたくないですから、母親から精神的に離れる(自立する)ことができなくなります。
 ……(中略)……。
 そのような、いわば、母親の依存から、子どもが脱出できるためのいちばんの方法は、父親が、母親の不安や寂しさを、しっかり受け止めることです。そうして、母親が安心すれば、子どもも安心して、本来あるべき、母親への反抗や攻撃を出せるようになります。また、父親が子どもに直接関わることで、母親以外の世界や価値観も知ることになります。そうして、母親から精神的に自立していくことができるのです。(p.133-137)


父親が客観的に不在である場合だけでなく、父親と母親の精神的な結びつき、信頼関係があるかどうか、ということ自体がこの問題にかかわるように思われる。父親と母親の信頼関係が十分でなく、母親が主観的に孤独である(lonely)と感じていれば、たとえ客観的には一人でいる(alone)のではなくても、同じような不安から子どもへの依存へと走る可能性が高まると思われる。


河添邦俊、河添幸江 『イラストでみる 乳幼児の一日の生活のしかた 生活リズムの確立』

 人間の子どもは、おとなになるためにおとなに向かっておとなの真似をしながら育っていきます。そのおとなの真似をすることを「習う」とか、「学ぶ」とか、「遊ぶ」といいます。……(中略)……。「継続は力」ともいわれていますが、おとなと生活を共にしながら、おとなの真似を毎日積み重ねていくことが、子どもの習慣形成の基本となるものなのです。(p.12)


大人自身の生活習慣が規則的で自然の理にかなったものであることが、子どもの生活習慣の確立にとっても重要。



子どもは、一緒に食べることで、正しい食事のマナーも、おとなの食事する姿から学び、身につけていくこともできるはずなのです。(p.57)


おとなと一緒に行動して、それを手本としてマナーを身につけていく、というのは、食事に限らず重要なのではないか。



人びとは、常に仲間と共に、“労働”(「労」は火で加工するという意味と、いま一つは残り火でかたづけをするという意味とがあったようです。「働」とは重荷を負い腕に力を込めている様子です)<=耕作し、収穫し、調理し、食べ、かたづけ、残った物を保存>してきました。この一貫した仕事のことを、「ままごと(まま=飯は、食の意味で、ごとは仕事の意味です。ままごと=飯事は、食に関する仕事のことです)」と呼んできたわけなのです。そこに食事にも、計画性と働くリズムを持ったのが、人間の進歩と賢さの中心的内容であったといえるでしょう。(p.69)


「ままごと」は「食に関する仕事」か。なるほど。私は、小さな頃、「ママ(母親)の真似事」のことかと思っていた(笑)。しかし、これでは性別の役割分担という点からも問題のある言葉になってしまうな。



 偏食は、多くの場合は父か母の偏食に似る上に、さらに育て方の甘さから輪をかけてくることがよくあります。食事には、マナーが必要なものです。それは仲間と共にすることが大切だからです。マナーの悪い食事は、一人でたのしくない食事をしている状態が多いことから来ている場合もあります。あるいは、家族との食事でマナーの悪いのは、家族がそろって悪かったり、放任や過保護的家族であったり、わがままを許し過ぎている状態が多いからのものです。そうした子どもは、偏食やむら食いも多くなりがちです。(p.71)


偏食とわがままを許し過ぎる育て方とは、確かに相関関係がありそうである。

一人で楽しくない食事をしている場合というのは、その食事の場には社会が存在していない。過度に放任的な育て方は、養育者が子に対してかかわりを持たないということでもあるから、そこにも社会的な接触は希薄である。過保護な家族関係では、子どもの自我が直接拡大したものが家族関係ということになるから、そこにも「他者」は存在せず、社会は存在しないと同然である。「仲間と共にする」食事は、社会的な行為であり、社会が存在しない場では育成できない。



 1歳半頃から2歳に向かう頃、1日1回の昼寝になって行きます。その際、午後の昼寝をなくして、午前中1回の昼寝に統一していく方が育ちのためにより良いように思われます。(p.110)


夜は早めに就寝し、しっかりまとめて寝ることができるからである。この点は、個人的には本書で最も参考になった点の一つ。



テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

中川信子 監修、NHK出版 編 『NHKすくすく子育て 育児ビギナーズブック⑤ ことばの育み方』

生活リズムは1日で整うものではありませんが、乱れているなと思ったら、少しずつでいいので調整していきましょう。宵っぱりの子を早く寝かせるのは、非常に難易度が高いワザですから、まずは朝、1時間早く起こすことから始めてみてはどうでしょう。(p.12)


赤ちゃん以外にも使えそうな方法と思われる。



 赤ちゃんは、テレビやDVDを見るとき、食い入るように一心に画面に見入っていますが、プログラムの内容に感心して集中しているわけではありません。赤ちゃんの頭ではとうてい処理できないような大量の刺激を前にして、一種のフリーズ状態にあるのです。音だけでなく、画面のチラチラする光も赤ちゃんの脳を過剰に刺激し、疲れさせてしまいます。こうした過剰な刺激を長時間与えないためにも、テレビやDVDを30分見せたら30分以上休むようにしたいですね。
 見せる時間帯にも気をつけたいところです。眠る直前にテレビやDVDを見せると、フリーズ状態がしばらく続き、寝つくまで時間がかかるので注意しましょう。(p.18)


フリーズ状態というのは適切な比喩で、なるほどと思わされた。テレビなどを見せない方が良いということの理由も(これですべてが尽くされるわけではないにせよ)感覚的に分かる譬えだと思う。

寝る前に過剰な刺激を与えないというのは、テレビだけでなく、遊びなどでも同じことであると考える。夜は入浴後はまったりと遊ばせて、自然に眠りやすい方向へ誘導するのが良いのではないか。



「○○ちゃん、おっぱい飲もうねー」、「さあ、お風呂入ろうか」
「はい、おしまい」、「いっぱい飲んだねえ」、「きれいになったねえ」
 動作の始めと終わりにきちんと区切りをつけると、赤ちゃんが、「おっぱいを飲むということ」、「お風呂に入るということ」とはこういうことなんだと、行為の意味を徐々に理解していくための助けになります。
 これは、赤ちゃんにとって自立の力を身につけるうえでも大事なことです。(p.38)


養育者側の人間がだらしないと、その生活のだらしなさがそのまま赤ちゃんの生活のだらしなさにつながるわけだが、この方法で語りかける習慣をつけさせることで、養育者側の生活態度と赤ちゃんの発達の両方に資することができるかもしれない。



 第4章でもくわしくご紹介しますが、まねっこはコミュニケーションを深める楽しい遊びでもあります。ポイントは、赤ちゃんに大人のまねをさせるのではなく、大人が徹底して赤ちゃんのまねをすること。このテクニックを覚えておくと、ちょっとした時間が楽しい遊びの時間に変わります。ことばだけでなく、しぐさなども同様です。
 赤ちゃんのことばやしぐさをその場でまねできるということは、つまり、それだけ大人が赤ちゃんのことをしっかり見ている証拠です。赤ちゃんが「ぼく(わたし)のことを見てくれている。うれしい!」と感じることで、親子の信頼関係もしっかり築くことができます。(p.40)


真似をするということは、赤ちゃんをよく観察して把握し、その上で関心を持っているということを赤ちゃんに対して発信することでもあるわけだ。なるほど。関心を持ってもらっていることが実感されるから、自己肯定感にもつながるのだろう。




テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

シーナ・アイエンガー 『選択日記』

 選択をするとき、私たちの脳は近道をしようとします。これが、直感を使った選択です。直感が判断のよりどころにするのは記憶です。
 ところが記憶は一定の方向に偏っています。(p.20)


直感的な選択は近道をしようとしていることだというのは、なかなかうまい表現かもしれない。そして、直感的な判断をする際には、記憶の偏りが選択を偏らせるというのであれば、やはりその偏りについて知っておくべきだろう。感覚を刺激する鮮明な記憶や選択肢のうち最初と最後に接したもの、接する頻度などに依存することが本書では簡潔にまとめられている。



 「マシュマロテスト」が研究として優れているのは、被験者の子どもたちを、10年後、さらに成人後も、追跡調査している点です。
 テストでは三割の子どもが、15分我慢して、戻ってきた白衣の研究者にお菓子を二つもらうことになりましたが、10年後の追跡調査では、我慢できた子どもたちは、我慢できなかった子どもたちに比べて強い友情で結ばれ、困難な状況に適切に対処する力があり、行動上の問題も少なかったのです。大学進学適性試験(SAT)のスコアも平均で210点も、高いことがわかりました。
 さらに成人後の追跡調査でも、このグループは、喫煙率や違法薬物の経験率が低く、社会的経済的地位も高く、修学年数も長かったのです。(p.30)


マシュマロテストについてもっと詳しく知りたい。



 太りすぎはよくないこととはわかっていても、ついつい間食に手を出してしまう。試験があって勉強しなくてはならないのはわかっていても、ついついテレビを見てしまう。
 ……(中略)……。
 どのようにしたら、目先の誘惑に負けずに、長期的な利益を考えた行動をとることができるでしょうか。
 ……(中略)……。
 つまり、テレビのある家では勉強せず、図書館を使う。あるいは、家にはお菓子をおかないように家人に頼む。そうしたことによって、「選択」の余地をなくしてしまい、勉強することや、ダイエットを「習慣」にしてしまうのです。(p.38)


習慣というと、ジョン・ロックの教育論を想起してしまうが、それは措いても習慣づけは広い意味での教育の最重要課題の一つであると思う。特に年齢の小さい頃、それも小学校の前半くらいまでが重要なのではないかと感じる。



 子どもにやらせたくないことは、禁止しつつも、裁量の余地を若干残しておくことで、心理的反発を小さくし、それに惹かれる気持ちを抑えることができます。(p.40)


なるほど。子どもに限らず使えるテクニックだと思う。



 プロコンリストに限らず、理性で行う選択には、致命的欠陥があります。それは具体的なもの、定量化できるものに偏ったデータに頼っていることです。定量分析では扱いにくいもの、たとえば感情に関わる考慮事項は、ないがしろにされがちです。その結果、理性的な分析のはずが、偏ったデータをもとにした推論になってしまうのです。(p.42)


なるほど。直感だけで選択すると記憶の偏りによって誤り、理性だけで選択するとデータの偏りによって誤るわけだ。



人生を幸せだと思える人は、自分の欲しいものを手に入れた人ではない。手に入れたものを欲しいと思える人が幸せなのだよ」(p.54)


幸福感や満足感の高い人生というのは、確かにこういうものかもしれない。



テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

榊原洋一 監修 『0~5歳 子どもの病気の本』

 「この子の周りに病気がないのは、周りの人が予防接種をしているから。おかげでこの子は守られている」ということを忘れてはいけないし、自分の子どもを守るためにも、この環境を守るためにも、予防接種を受けることが大切なんだと考えてほしいと思います。(p.130-131)


予防接種もまた個人的なものにとどまらず、社会的なものである。この点はこれまであまり考えたことがなかった。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌