アヴェスターにはこう書いている?
本を読んでいて気になったことなどを徒然なるままにメモしておくブログ。書評というより「読書メモ」。
プロフィール

ツァラトゥストラ

Author:ツァラトゥストラ
「ツァラトゥストラはこう言っている?」の姉妹編。日々読んでいる本から気になった箇所をピックアップして自由にコメントするブログ。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

孤蓬万里 『台湾万葉集【続編】』

下駄ばきに袴で登校し、日本人の甲種訓導から教わるのが小学校、裸足で登校し、台湾人の乙種訓導から教わるのが公学校である。後年、公学校の低学年にも日本人教師をあてがうようになった。十分間の休み時間に肩を組み、「ベースボールする者やってこい」と校庭を練って興ずる小学校、汗を流して騎馬戦や裸足の石蹴りを楽しむ公学校と、遊ぶ様式も異なっている。(p.80)


日本の植民地では公学校というものがあったということはしばしば読んではいたが、このあたりの記述は、日本人子弟の小学校と台湾人子弟の公学校との違いを具体的に目に浮かぶように描き分けており興味深い。



しかし、社会主義思想の蔓延を恐れる政府は、外地出身の文学者を一様に要注意者としてブラックリストに載せ、特高刑事の監視下に置いた。(p.100)


日中戦争の頃についての説明と思われる。



娥さんの生まれた新起町は、繁華街万華の一角で、内台人が入りまじって住んだ。(p.111)


万華というと台湾人の地域というイメージがあったが、時代によっては内地人もそれなりの割合に増えたということか?



大正十年ごろ、鉄の値上がりで硬貨が不足し、代わりに切手が一時使われる。桃色が三銭、緑色は二銭、黄色が一銭であった(p.111)


日本の内地でも同様だったのだろうか?



当時、日本軍が植民地台湾の民を戦争に駆り立てたのは、まず軍医と軍夫という二つの形であり、のちに志願兵と学徒兵が続いた。前者は軍属であり、軍医としては開業医と官公立医院勤務とを問わず抽選で多くの医師が南方に送られる。軍夫はおもに高砂族や下層階級から求めて輜重兵の代わりに大陸で働いた。後者は戦争が激しくなった末期、日本政府がいわゆる皇民化政策を打ち出し、ついに植民地の民にも兵籍を許可することになったもので、フィリピン島における高砂義勇隊は志願兵のなかからすぐった一例である。(p.248)


こうした動員の歴史やその背景などはよく知っておくべきところだろう。



「武」という字は、もともと「戈」と「止」という二つの字の合体したものであり、まことの武人は戦を好むものではない。(p.254-255)


口先だけ勇ましいが無責任な安倍晋三のような輩は武人とはほど遠い存在ということになる。



 王さんと短歌との出会いは、昭和初期生まれの、大方の青少年共通の「啄木への傾倒」に始まる。(p.311)


啄木は台湾でも人気があったのか。



戦前、台湾の地名はその地形や住民の構成から名づけられることが多く、内埔というのは小さな盆地というほどの意、張家荘というのは張姓の人が多く住んでいる村という意味である。(p.330)


地名とその土地の歴史との関係は、郷土史的なものをやると必ず出てくるテーマだが、もう少し詳しくなっておきたいところではある。



①「はたして中国人に日本の古典を教える必要があろうか?ましてや和歌や俳句を習わすのは蛇足になりやしないか?大学教育の四年という短期間に日本の古典が了解できようか?会話と記述と文法と誤りがなくできれば満足すべきではなかろうか?」とみなさまは言われるかもしれない。
②しかし、中華民国の教育部(文部省に相当する)は大学専門課程の一つとして、日本語教育に相当の内容と効果を期待している。
……(中略)……。
④日本語文を専攻する学生であれば、古典まで了解するようでなくては成功だとはいえない。とくに、和歌も作れる程度に至らなければ一人前とは認めがたいと思う。
⑤「鑑古知新」という言葉がある。日本語ないし日本文学を身につけるためには、日本古典にたどりつくことが必要である。国家の立場からしても、純粋に学問研究の立場からいっても、これは必須だといえよう。日本と中華民国の関係は淵源が深い。もし日本の古典の研究をおろそかにすれば、かならずや誤解をふたたび招くであろう。とくに和歌は日本文学の主流であり、なおさら習うべきである。(p.372-373)


最後の⑤に示された考え方は、逆に、日本の側に同じだけの考え方があるかどうか、ということを考えなければならないように思う。必ずしもここに示された考え方が正しいとは言えないとしても、その場合であっても、これだけの熱意を持って他国を研究したり言語を習得したりしようとする人が多くいる場合とそうでない場合とでは、必然的に相手の国への見方というものが変わってくるだろうからである。



 林さんが台中第一高女に入学したのは1941年(昭和16)の春で、12月8日には米国と開戦、未曽有の大戦へと突入した。あこがれのセーラー服の生活は非常時体制のため徐々に灰色に塗りかえられていく。若い男の応召で数名の女と老人と代用の教師が残り、スカートはモンペに、帽子・シャツは国防色に、夏休みは返上、登下校は下駄、校内は裸足で……という耐乏生活になった。まもなく授業の大半は奉仕作業に変わり、防空壕堀り、担架運び、救急訓練、飛行場造りの石運びなど、つぎつぎと労働を課せられ、校舎すら軍に徴用される。米軍の空襲がしだいに激しくなり、沖縄上陸の次は台湾と、悲壮な覚悟をさせられた。楽しかるべき夢多き時代を戦争に終始し、うれしかるべき卒業式も一人の来賓すらなく、別れの歌を歌うこともなく、ひっそりと校内を去る。(p.422-423)


戦時中の台湾。


スポンサーサイト
孤蓬万里 『台湾万葉集』

今でこそ台湾の都会でも火葬が主になってきたが、田舎ではやはり土葬が普通である。昔は仮葬6年ないし12年後に忌日あるいは占師に吉日を選んでもらい、骨を拾ってはじめて墓標を建てて納めるのがしきたりであった。(p.84)


本書は1993年に出たものなので、今から約20年ほど前のものだが、本書によるとその頃は田舎では土葬がまだ主流だったという。現在ではどうなのだろうか?



父の張錦さんは台南高等工業学校を出て、大正初期、満清の風俗である弁髪がまだ残っていた故郷に、ハイカラな散髪というニュースタイルで帰郷してみんなを驚かせた。昭和の初めにできた台北帝大にも工学部がなかったので、戦前台湾においては台南高工が工学方面の最高学府であった。(p.85)


日本統治が始ってから大正初期は既に20年ほど経っていた時期――20年と言っても台湾現地の人々の抵抗が強く統治が及んでいない時期があったことには留意が必要――だが、田舎では弁髪が残っていたというのは興味深い。清の統治は、それほど徹底したものではなかったとしても、生活面における大陸の文化の影響はそれなりに及んでいたということか。

なお、創立時の台北帝大に工学部がなかったのは、大正期頃の段階では台湾の主要な産業は工業ではなく農業であると日本政府が考えていたことを反映していると思われる。



 日本統治時代、台湾の女性は姓と名の間に氏という字をとくに入れて呼ばれた。例えば淑慎さんの名前は高氏淑慎である。ところが大連の女学校では「たかうじさん」と先生に呼ばれて面くらう。同級生には満州や朝鮮の人も数名ずついたが、三字名かあるいは日本式に改姓名していた。上級生に同じ台湾人が一人いたが、「林氏○○」の氏を省いて、「はやしさん」で通している。高さんは姓が「高氏」だと思われたわけだ。こういうエピソードも植民地政策のしからしむるところで笑えないナンセンスである。(p.146)


恐らく、統治者側である日本人の側から見ると、姓と名の区別がつきにくいことから便宜的に氏を入れることにされたのだろうが、男性には「氏」は入れられなかったのだろうか?そうだとすると、なぜ女性だけ氏を入れて呼ばれたのだろう?また、これはどのレベルで定められたものだったのか?法律ではなさそうな気がするが、学校での慣行だったのだろうか?



世界制覇を夢見る日本軍閥は、政府の要人を次々とたぶらかして戦線を拡大していった。ついには現役軍人だけでは不足となり、「お国のために学業を捨てて戦列に志願参加するように」と学生たちに呼びかける。
 いっぽう、今まで差別待遇をしつつ軽蔑していた植民地の民までも駆り立てた。すなわち、台湾にも「誉れの軍夫」なるものが出現、ついで「誉れの軍属」「誉れの軍医」「特志工員」「特志看護婦」とあくまでも特別配慮の有り難いおぼしめしという美名の下に、しかも志願という形をおしつけて参加させる。ついには「志願兵制度」を布き、最後には学徒動員から学徒兵のころには、一視同仁にならざるをえなくなった。(p.186)


日本による台湾の植民地支配は当時としては比較的まともに行われていた方だとは評価できるかもしれないが、それでも現地の人の側から見ると(全員が同じ認識というわけではもちろんないとしても)、基本的にこのような悪い印象をも持たせるものでもあったということは決して忘れてはならない。



 彰商三年のとき、教師引率の下に蕭さんたちは文部省推薦映画「阿片戦争」を鑑賞した。終幕近く阿片を焼く林則徐が、炎を背景にして拳を握り大手をかざして、
「五十年後あるいは百年後には、きっとイギリスの勢力を中国から追放してやるぞ!」
と叫んでいる場面が出てくる。自力で英米の勢力を駆逐できず半植民地状態に陥っている中国にかわり、日本がその侵略を食いとめる役割を果たしているのだと称する軍閥の言を信じ蕭さんはいたく感動した。これがのちの特幹志願の動機につながる。(p.187)


この軍閥の言葉は、大東亜共栄圏に通じる発想である。米英などの帝国主義からアジアを守り解放するという名目で日本が進出して植民地として支配しようというわけだ。



台湾人の入学はこの1922年2月、第八代総督田健治郎の発議で勅令制定となった「中等学校以上の学校教育を内台共学にする」という台湾教育令に基づいて、その四月から収容している。したがって、それ以前の教育はほとんど25万人の日本内地人のための教育であった。ちなみに当時の台湾の人口は約500万人である。終戦までの北一中の全卒業生(修了生を含む)は6,485人であるが、そのうち本島人はたったの178人で3パーセントに満たない(麗正会名簿による)。


台湾の教育の変遷は、大きなテーマである。


孤蓬万里 『「台湾万葉集」物語』

 1972年、日本は台湾に絶交状を叩きつけ、大陸の承認に踏み切る。渉外機関として大使館のかわりに日本は交流協会、台湾は亜東関係協会を設立して経済関係を維持させた。しかしそれ以来、読売、朝日、毎日の三大新聞の誌面から台湾のニュースは消え、産経新聞のみが許される。文芸欄も全く同じことで台湾からの投稿は産経新聞を除いてはオフ・リミットとなった。(p.60)


中華人民共和国との国交樹立と中華民国との断交以後、新聞においても中華民国の扱いが変わったというのは興味深い。本当にここまではっきりと記事が出なくなったのかは疑問があり、むしろどの程度扱われなくなったのか、ということに興味が惹かれる。本当に中華民国(台湾)関係のニュースを全く取り上げなかったのだとすれば、過去のこととはいえ、問題と思われる。扱いにくい問題は扱わなくてよいのか、という問題に繋がっていくからである。


塩野七生 『レパントの海戦』

 椅子は、トルコではその上にあぐらをかいて坐る式で、それに適して広くゆったりし、高さも低い。現代の、内部につめものをし、外側を種々の布地でおおった、坐り心地のすこぶる良いソファや長椅子は、実は、トルコ式椅子「ディヴァン」を改良したものなのである。
 トルコ宮廷の閣議室は「ディヴァン」と呼ばれたが、これも、この部屋がこの式の長椅子で埋まっていたことから生まれた通称であった。現代のイスタンブルの街には、ディヴァンという名のホテルがあるが、長椅子のほうではなく、閣議とか閣議室を意味したいのだと思う。
 イタリア語では現在でも、長椅子のことをディヴァーノという。ソファも、同じ意味の言葉に属す。英語でも、ソファとかディヴァンとかいうのではなかったろうか。ディヴァンという語自体は、語源を、アラブかペルシアに求められる言葉であった。
 西欧でこの式の椅子が流行りはじめたのは、17世紀に入ってからで、18世紀のロココ時代に、最も美麗なものがつくられている。16世紀以前の西欧には、この式の椅子や長椅子は、オリエントからもちこまれたものでないかぎり一つも存在しない。ルネサンス時代の長椅子といえば、木製の長櫃であったからだった。(p.222-223)


西欧から世界に広まったもののかなりの部分は中東に起源を持つものであるが、長椅子もそうだったらしい。



 現代はユーゴスラヴィアであるダルマツィア地方にいたっては、鐘楼から町のつくりまで、ヴェネツィアとあまりにも似ているのに、住民がスラブ系に一変した現代でさえ驚かされる。この地方が、ヴェネツィア共和国の経済、軍事圏に属していただけでなく、文化圏にも属していたからだった。(p.232)


ヴェネツィアはなるべく早いうちに訪れてみたい地の一つなのだが、どこと組み合わせていくかという点でいろいろと迷っていたりする。ダルマツィア地方と組み合わせるという案が浮上してきた。

なお、ダルマツィア地方は、この小説が書かれた時点ではユーゴスラヴィアの一部だったが、1991年のクロアチアの独立によって今はクロアチア領である。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

塩野七生 『緋色のヴェネツィア 聖マルコ殺人事件』

喝采されて登場するよりも、退場の後に惜しまれる君主でありたい」(p.41)


ヴェネツィアのドージェであるグリッティが元首の座に就任する際に語ったとされるセリフだが、為政者たるものは、こうあるべきという感じがする。

退場の後に惜しまれるというのは、行ったことの結果が評価されているということであり、政治においては政策の結果がうまくいかなければ、どんなに手続きや意図が良かったとしてもほとんど意味がない。全く意味がないとは言わないまでも、やはり政策の効果というものが重要である、ということを突いており納得させられるものがある。

(正確に言えば、良い政策を行い、望ましい結果を得たとしても、民衆自身がそれとは異なる政策を求める場合もあり得るのであり、人々から評価されることと政策の結果が望ましいかどうかということにも直接の対応関係はない。)

このフレーズを読んだとき、最近数年の日本の首相を取り巻く状況が思い浮かんだ。首相が交代した直後は支持率はそこそこ高いが、数か月もすると支持率は下がり始め、一度人気に陰りが出るとあとは転がり落ちるように下がっていくというパターンが見られ、まさにこの言葉とは正反対の事態になっている。




 しかし、とマルコは、確信をもってわれとわが身に言いきかせることができた。外交も、武器を交わさない戦いではないか、と。ダンドロの姓をもつ自分は、別の戦争に参加しているのだ。たとえそれが、いかに不名誉な手段に訴えてまでして集めた情報を基礎にして闘われるものであっても、戦いは戦いなのであった。
 マルコは、二階の回廊を後にしながら、このような考えは、スルタン・スレイマンには理解できないだろう、と思った。祖国の衰亡を、気配さえも感じないでいられるスレイマンは、幸福な男だ。幸福な男たちには、汚い手段も人道にはずれた行為も、非難する贅沢が許される。(p.148)


確かに、外交は武器を使わない戦争であり、戦争は武器を用いた外交であると言うことはできるだろう。

また、政治における信条倫理の問題についても触れられており、興味深い。私はあまり小説を読まないが、一般の小説を読む人はこうした叙述などから触発されることも多いのだろう、という気がする。まぁ、私は今後もあまり小説などは読まないとは思うが、普段は触れないようなものをたまに読んでみると新しい発見があり面白いものである。(当ブログにアップしている他のほとんどすべての本とは異なり、この本は同僚の方から借りて読んだのだが、こうした他人の推薦などは、視野を広げたりするのには有効である。)

ちなみに、こういう歴史小説を読んで私として頭が痛かったのは、どこまでが事実でどこからが創作なのかが十分確信をもって把握できない場合があるということであった。こんなこともあって、私にとっては小説を読む時間は落ち着かない時間となった。


テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌